データセンターツアーはこちら

ワシントンンD.C.データセンターを選ぶ理由

エクイニクスのワシントンD.C. International Business Exchange™(IBX®)データセンターは、北米最大のインターネットピアリングポイントにあり、米国東部およびヨーロッパへの主要な玄関口の戦略的な通信ハブとして理想的な立地です。都市圏に13の高密度に相互接続されたデータセンターがあり、125以上の業界団体および政府組織との直接接続が可能です。

認定および規格

エクイニクスのデータセンターは、厳格な環境・エネルギー管理基準を満たしているとして認定されています。

このメトロ内のIBX 施設の中には、記載されている認定が対応できない場所もあることを予めお断りさせていただきます。一覧表は、認定資格のページをご覧ください。

  • NIST 800-53/FISMA
  • HIPAA
  • SOC 1 Type II
  • SOC 2 Type II
  • ISO 27001
  • PCI DSS

Platform Equinix®による世界的なネットワーク相互接続

業界との直接接続

IT、通信、バイオテクノロジー、政府機関といった業界のさまざまなコロケーション組織および企業と直接接続できます。

高密度ネットワーク施設

世界で最も高密度なネットワークを持つワシントンDCデータセンターを通じて、ビジネス機会につながるあらゆる場所にデジタルインフラストラクチャをセキュアに拡張できます。

政府規制に対するコンプライアンス

ワシントンDCのIBXデータセンターは、政府による規制やコンプライアンスの対象となる機関や企業にとって理想的なコロケーションサイトです。

活気に満ちたエコシステムを活用

エクイニクスを通じて、金融企業、コンテンツおよびデジタルメディアサービス、グローバルネットワーク、クラウドサービスプロバイダーなどの各種コミュニティとつながることで、お客様社内での価値創造が加速および増幅されます。

200以上

ネットワーク

100以上

金融事業

275以上

クラウドサービスプロバイダー

520以上

コンテンツおよびデジタルメディア

信頼できるパートナー

Aws
Azure
Google Cloud
IBM Cloud
Oracle Cloud