データセンターツアーはこちら

シアトルデータセンターを選ぶ理由

シアトルInternational Business Exchange™(IBX®)データセンターでは、海底ケーブル陸揚げ局経由でアジア市場への低レイテンシー接続が可能です。コロケーションサービスを利用する150+ 社以上の企業に直接アクセスできるほか、シアトルインターネットエクスチェンジへのアクセスによりトランジットコストを削減できます。

認定および規格

エクイニクスのデータセンターは、厳格な環境・エネルギー管理基準を満たしているとして認定されています。

このメトロ内のIBX 施設の中には、記載されている認定が対応できない場所もあることを予めお断りさせていただきます。一覧表は、認定資格のページをご覧ください。

  • NIST 800-53/FISMA
  • SOC 1 Type II
  • PCI-DSS
  • SOC 2 Type II
  • ISO 27001

Platform Equinix®による世界的なネットワーク相互接続

クラウドおよびネットワーク密度

シアトルIBXデータセンターには、ネットワークおよびクラウドサービスプロバイダー、コンテンツおよびデジタルメディア企業が密集しています。

トップのピアリングハブ

SE2およびSE3のIBXデータセンターは、米国最大の相互接続拠点の1つであるウェスティンビル内または近隣に位置しており、100社以上のプライベートピアリング参加者を接続しています。

カナダとの強いつながり

カナダ市場への高速アクセスが可能なほか、米国にインフラストラクチャを維持できるため、規制を遵守しつつシンプルな運用が可能です。

活気に満ちたエコシステムを活用

エクイニクスを通じて、金融企業、コンテンツおよびデジタルメディアサービス、グローバルネットワーク、クラウドサービスプロバイダーなどの各種コミュニティとつながることで、お客様社内での価値創造が加速および増幅されます。

50以上

ネットワーク

10以上

金融事業

50以上

クラウドサービスプロバイダー

20以上

コンテンツおよびデジタルメディア

信頼できるパートナー

Aws
Azure
Softlayer
Veloクラウド

Twitter

Share this Content