データセンターツアーはこちら

カルペパーデータセンターを選ぶ理由

ワシントンD.C.からわずかマイルに位置するカルペパーInternational Business Exchange™(IBX®)データセンターは、東海岸で最もセキュアで最先端の技術を誇るコロケーション施設の1つです。この地域では、連邦政府機関やクラウドサービスプロバイダーの強固なエコシステムが急速に成長しています。

認定および規格

エクイニクスのデータセンターは、厳格な環境・エネルギー管理基準を満たしているとして認定されています。

このメトロ内のIBX 施設の中には、記載されている認定が対応できない場所もあることを予めお断りさせていただきます。一覧表は、認定資格のページをご覧ください。

  • NIST 800-53/FISMA
  • SOC 1 Type II
  • SOC 2 Type II
  • ISO 27001
  • PCI DSS

Platform Equinix®による世界的なネットワーク相互接続

連邦とのさまざまな関わり

当社のIBXデータセンターは、21%の複合年間成長率で成長することが予想されている連邦ITイニシアティブおよび連邦クラウド市場の主要拠点です。

信頼性の高い継続性

カルペパーIBXデータセンターは、さまざまな状況下で政府機関のITオペレーションの継続性を保つための連邦政府の取り組みである、業務継続(COOP)環境を提供します。

多層の物理的セキュリティ

エクイニクスの各データセンターにバンカー、武装ガード、移動境界を設置することで、政府の基準を満たす、または上回るコロケーションセキュリティを提供します。

活気に満ちたエコシステムを活用

エクイニクスを通じて、金融企業、コンテンツおよびデジタルメディアサービス、グローバルネットワーク、クラウドサービスプロバイダーなどの各種コミュニティとつながることで、お客様社内での価値創造が加速および増幅されます。

10以上

ネットワーク

10以上

金融事業

30以上

クラウドサービスプロバイダー

125以上

コンテンツおよびデジタルメディア

信頼できるパートナー

Aws
Azure
Softlayer
Veloクラウド

Twitter

Share this Content