データセンターツアー申し込み

東京データセンターを選ぶ理由

エクイニクスの東京International Business Exchange™(IBX®)データセンターにはアジアで最も多彩で大規模なデジタルエコシステムがあり、BBIX、JPNAP、JPIX、Equinix Internet Exchange MLPEをはじめとする多くのネットワークおよびクラウドサービスプロバイダー、大手インターネットおよびピアリングエクスチェンジへの直接アクセスを提供しています。

認定および規格

エクイニクスのデータセンターは、厳格な環境・エネルギー管理基準を満たしているとして認定されています。

このメトロ内のIBX 施設の中には、記載されている認定が対応できない場所もあることを予めお断りさせていただきます。一覧表は、認定資格のページをご覧ください。

  • 銀行および関連金融機関向けのコンピュータシステムに関するFISCセキュリティガイドライン
  • SOC 1 Type II
  • PCI-DSS
  • SOC 2 Type II
  • ISO 27001

Platform Equinix®による世界的なネットワーク相互接続

クラウドおよびITのアジャイル運用

エクイニクスのIBXデータセンターは、クラウドによる敏捷性の高いIT運用を計画、実装、管理できるよう、マネージドサービス、モニタリングサービス、コンサルティングサービスの広範にわたるポートフォリオを提供します。

圧倒的なグローバル展開

海外および国内大手通信プロバイダーが集まる優れたネットワークハブを利用することで、Equinix Cloud Exchange Fabric™を通じて主要エクスチェンジおよびクラウドプロバイダーに簡単に接続できます。

ベンダー依存から脱却する機会

ネットワーク中立でベンダーに依存しない東京のIBXデータセンターはファイバー接続で都市全域にわたる仮想キャンパスを構築しており、コロケーションサービスを利用する800社以上の企業で構成される多彩なエコシステムへの低レイテンシー接続が可能です。

活気に満ちたエコシステムを活用

エクイニクスを通じて、金融企業、コンテンツおよびデジタルメディアサービス、グローバルネットワーク、クラウドサービスプロバイダーなどの各種コミュニティとつながることで、お客様社内での価値創造が加速および増幅されます。

75以上

ネットワーク

85以上

金融事業

275以上

クラウドサービスプロバイダー

150以上

コンテンツおよびデジタルメディア

信頼できるパートナー

Alibaba
Aws
Azure

Twitter

Share this Content