新しい一般データ保護規制への対応として当社の個人情報保護方針を更新しました。個人情報保護方針を見る ›

アムステルダム: インターネットの発展を促進

概要

オランダ: ワールドワイドウェブの先駆的イノベーター

オランダは、ワールドワイドウェブの開発における先駆的なイノベーターでした。Nikhef(オランダ国立素粒子物理学研究所)は、1992年に最初のワールドワイドウェブサーバーの1つを立ち上げました。Nikhefは今日でもサイエンスパークアムステルダムに所在しており、エクイニクスAM3にダークファイバーで接続するとともに、世界でもっとも多忙なインターネットピアリングポイントの1つであるアムステルダムインターネットエクスチェンジ(AMS-IX) などの多くの重要なネットワークノードと接続しています。

最初の大西洋横断メール

1988年11月17日、サイエンスパークアムステルダムから大西洋をわたる最初のメールが発信されました。メッセージは、オランダの情報工学数学研究所 (CWI) から今日のインターネットの先駆けであるアカデミックコンピュータネットワークの NSFnet に送信されました。これがまちがいなく、ヨーロッパと米国間の最初のインターネット接続でした。


この前には、NSFnetの先駆者であるARPAnetへのリンクがありましたが、これは米国防省と密接につながっていたため、プライベートネットワークでした。NSFnetへの接続は、今日知られているオープンインターネットに向けた最初のステップの1つでした。

Transatlantic_220X164

デジタル ゲートウェイ

CWI がインターネットに接続されてからまもなく、オランダおよびその他のヨーロッパ各地の大学および研究機関が後に続きました。それほどときをおかずに民間企業がアクセスを開始しました。消費者は、1993年まで待たなければなりませんでした。

 

米国へのデジタルゲートウェイとして、CWI はもっとも重要なヨーロッパのインターネットエクスチェンジとなりました。1996年に、同研究所はエクスチェンジをアムステルダム インターネット エクスチェンジ (AMS-IX)、Nikhef、SARA (現在のSURFsara) に移管しました。今日、AMS-IX はヨーロッパと米国間のもっとも重要なインターネットエクスチェンジであり続けています。

アムステルダム: インターネットの発展を促進 | エクイニクス