データセンターツアー申し込み

大阪データセンターを選ぶ理由

大阪のInternational Business Exchange™(IBX®)データセンターは大手インターネットおよびピアリングエクスチェンジの拠点であり、ネットワーク、クラウド、デジタルコンテンツプロバイダーの活気あるエコシステムがあります。関西の大規模ユーザーコミュニティへに低レイテンシーで直接接続することも可能です。

認定および規格

エクイニクスのデータセンターは、厳格な環境・エネルギー管理基準を満たしているとして認定されています。

このメトロ内のIBX 施設の中には、記載されている認定が対応できない場所もあることを予めお断りさせていただきます。一覧表は、認定資格のページをご覧ください。

  • SOC 1 Type II
  • ISO 27001
  • PCI DSS

Platform Equinix®による世界的なネットワーク相互接続

直接ネットワーク接続

エクイニクスのキャリア中立のデータセンターは、複数のネットワークプロバイダーやクラウドプロバイダーにアクセスできるほか、Equinix Cloud Exchange Fabric™を通じて、大阪の通信の中心地である堂島地域およびアジア全域への直接接続を提供します。

製造および製薬の重要なハブ

大手製造および製薬企業を含めて、コロケーションサービスを利用している50社以上の企業と連携できるほか、マネージドサービス、モニタリングサービス、プロフェッショナルサービスを利用できます。

優れた事業継続性

エクイニクスのIBXデータセンターでは、最先端の地震保護機能により、デジタルインフラストラクチャのセキュアな展開と効果的な拡張が可能です。

活気に満ちたエコシステムを活用

エクイニクスを通じて、金融企業、コンテンツおよびデジタルメディアサービス、グローバルネットワーク、クラウドサービスプロバイダーなどの各種コミュニティとつながることで、お客様社内での価値創造が加速および増幅されます。

20以上

ネットワーク

80以上

金融事業

15

クラウドサービスプロバイダー

5以上

コンテンツおよびデジタルメディア

信頼できるパートナー

Aws
Azure
Softlayer
テルストラ

Twitter

Share this Content