データ保護規制に基づき、プライバシーポリシーを更新しています。個人情報保護方針を見る ›

アジアパシフィックのデータセンター

FORTRESS-CircleR-RGB
エラー!このコンポーネントにデータを解析中にエラーが発生

地域

  Platform Equinixで拡大させ、進化し、成長していく ›

世界に拡大していくエクイニクスのデータセンターにより、すべての人々、拠点、クラウド、データに、かつてないアクセスを行うことができます。

 


アジアとオーストラリアのエクイニクス データセンター

アジアパシフィック地域には、世界の他の地域より高い成長率や長期的により輝かしい経済的展望があります。ここには、世界で最も急成長している5地域のうち4つがあり1、2050年までに世界5大経済のうち4つがこの地域に所在することになると予想されています2。アジアパシフィックは「世界経済の成長エンジン」と位置づけられています。アジアパシフィック市場に参入、基盤の確立または事業の拡大を行うに当たり、エクイニクスほどふさわしいパートナーはありません。

エクイニクスは、アジアパシフィック地域にわたり、オーストラリア、中国、香港、インドネシア、日本、シンガポールなどに、当社データセンターの40拠点を戦略的に展開しています。

アジアパシフィックにおけるIBXのロケーション


Satellite

エクイニクス IBX® データセンターの特徴とメリット

  • オーストラリアとアジアに合計117,000平方メートル以上(1,269,000平方フィート以上)のコロケーション スペース
  • 2,100社を超えるお客様、370を超えるデータネットワーク、690社を超えるクラウドおよびITサービスプロバイダー
  • 世界クラスの信頼性、物理的なセキュリティ、およびオペレーショナルエクセレンス: N+1冗長性 >99.9999%を超えるアップタイム
  • SSAE16標準およびISO/IEC 27001標準(情報セキュリティ管理システム) 認証を取得した最新鋭のコロケーション施設
  • アジアの好調な銀行、商業、製造、および情報通信市場へのアクセス
  • キャリア密度の高いハブと主要なインターネット エクスチェンジ ポイント
  • オーストラリア、メルボルンのME1およびシドニーのSY4における間接蒸発式冷却や、シンガポールのSG3における非重要機器駆動用の太陽エネルギーシステムなど、省エネおよび持続性を最大化する取り組み
  • Frost & Sullivan の2014年および2015年の、アジアパシフィック地域におけるデータセンター グリーン革新のリーダーシップ賞を受賞した施設

相互接続(インターコネクション)のニーズに応える

ビジネス上の要求とテクノロジーの進歩が組み合わさり、アジアパシフィックおよび世界を通して、人々が接続に期待するものが指数関数的に増大しました。

  • 企業は今では、世界中に分散したパートナーと、通常の業務を遂行するために、オンデマンドかつ瞬時の相互接続が必要
  • ソーシャルおよびモバイルユーザーは、場所やデバイスに関わらず、タッチするだけで即時に応答する高品質なサービスに慣れている。
  • 今まで以上に、より多くの人がより多くのデバイスで接続されている。世界の家庭用および業務用のタブレット数は、2012年から2017年までに3倍となり、905百万台に達する見込み3。スマートフォンユーザー数は、2018年までに世界中で25億人に達し、中国だけでも700百万人に達する4

1 Bloomberg • 2 The Economist • 3 Forrester • 4 eMarketer


アジアパシフィックのデータセンターでご利用いただけるサービス

Performance Hub  

Performance Hubを導入すると、エンドユーザが移動する拠点、または市場が求めるネットワークのエッジに、ITを拡張できます。それにより、ユーザエクスペリエンスが向上されます。

Equinix Cloud Exchange  

単一ポートから複数のクラウドサービスへ直接接続できるため、必要な時に、必要なクラウドリソースにアクセスできるようになります。Cloud Exchangeは、アジアパシフィック地域では、東京、大阪、香港、シンガポール、シドニー、メルボルンでご利用いただけます。また、6市場すべてにおいてAmazon Web Services、Oracle CloudまたはMicrosoft Azureのいずれかのクラウドプラットフォームへの直接接続が可能です。

Solution Validation Centers 

エクイニクスのSolution Validation Centers(SVC)は、企業が導入予定のアーキテクチャを、事前に、導入後と同じ環境でテストできる施設です。SVCは、事前に試験することにより、複雑な導入時のリスクを軽減します。エクイニクスのGlobal Solutions ArchitectsがSVCでお客様と協力して迅速に概念を実現します。エクイニクスは、アジアパシフィック地域ではシドニー、シンガポール、香港、大阪、東京の5市場において、Solution Validation Centerを運営しています。

世界で最も接続性が高いデータセンターの内部をご覧ください。データセンターツアーを申し込む ›