プロバイダーを探す

Equinix Cloud Exchange Fabric™

オンデマンドで柔軟なグローバル相互接続

Equinix Cloud Exchange Fabric™(ECX Fabric™)は、世界中のPlatform Equinix®上で、分散されたインフラストラクチャとデジタルエコシステムを直接、セキュアに、かつダイナミックに接続します。相互接続によって、メトロ内またはグローバルに展開された2つのECX拠点間でデータセンター間のネットワーク接続をオンデマンドで確立します。

ビデオを見る

クラウド接続のメリット

セキュリティの脅威を最小に

パブリックインターネットを経由せずにお客様のデジタルエコシステムにプライベート接続

豊かなデジタルエコシステム

クラウドプロバイダーのサービス提供範囲を超える、すべてのECX Fabric利用者へのアクセス

制御の強化

柔軟な帯域オプションにより接続方法と接続場所を決定

クラウド、パートナー、顧客にグローバルにアクセス

お客様の拠点からどこへでも接続し、グローバルなデジタルビジネスを展開しましょう。

35以上の拠点で利用可能なECX Fabricは、セルフサービスポータルまたはAPIにおいて拡張性、敏捷性、接続性を活用できるよう設計されています。メトロ内または世界のあらゆる接続先にオンデマンドでアクセスし、デジタルの将来へと踏み出すお客様をサポートします。

クラウドプロバイダーを探す
クラウドサービスプロバイダーとしてECX Fabricに参加する

クラウドでの事業継続性

クラウドプロバイダーとの柔軟な複数の接続により、クラウドワークロードの事業継続性を確保します。

Coca-Colaヨーロッパのパートナーは、クラウドパートナーとの接続性を向上し、グローバルネットワーク管理を簡素化し、よりセキュアで復元力と接続性に優れた事業運営を実現しました。

導入事例を読む

分散型インフラストラクチャ間の接続を最適化

エクイニクスの拠点に設置した自社の分散型インフラストラクチャ間を接続することで、災害復旧に備え、アプリケーションとデータを分散することができます。

業界でも高い評価を得ている建設会社であるHathaway Dinwiddieは、Interconnection Oriented Architecture™(IOA™)を活用して、VDI環境への低レイテンシー接続と、建設現場にいる従業員およびパートナーのための信頼性の高いアプリケーションパフォーマンスを提供しています。

導入事例を読む

Twitter

Share this Content