グローバルインターコネクションインデックス

デジタル経済における
新しいグローバル基準

エクイニクスが公表するグローバルインターコネクションインデックスは、プライベートインターコネクション(相互接続)を可能にするトラフィック帯域*のトラッキング、測定、成長予測を目的として作成されました。

インデックスを
ダウンロードする

企業間のプライベートデータ交換の成長
およびデータ量は 2020年までにパブリックインターネットを上回る

企業間のプライベートデータ交換はパブリックインターネットを上回り、2020年までに成長率ではほぼ2倍、データ量としてはグローバルIPのトラフィックの6倍となると予測しています。

米国では、年間40%で成長し、2020年までに設置容量が1,800 Tbpsに達し、世界の相互接続帯域の3分の1(36%)を占めるものと予想されています。

中南米では、年間62%で成長し、設置容量が620+Tbpsに達し、世界の相互接続帯域の13%を占めるものと予想されています。

ヨーロッパでは、年間44%で成長し、2020年までに設置容量が1,450 Tbpsに達し、世界の相互接続帯域の4分の1(29%)を占めるものと予想されています。

アジアパシフィックでは、設置容量が年間46%成長し、1,120Tbpsに達することが予測され、世界の相互接続帯域の4分の1近く(22%)に到達する見込みです。

*インターコネクション帯域は、IT交換ポイントにおいて、多種多様な取引先や事業者とプライベートかつ直接的なトラフィック交換行うために供給される総容量と定義されています。

デジタル経済の重要性

インデックスでは インターコネクション(相互接続)は グローバルデジタル経済を支える重要な基盤となると提言しています。
インデックスで述べられている、エコシステムを構成する信頼性の高い、強固な相互接続のあり方は、グローバル成長を実現するために、企業にとってますます重要になります。

- マヌー・ガンジー、バイス・プレジデント、コアインフラストラクチャ サービス、エーオン

デジタルがすべての主要産業に変化をおこす

相互接続の導入が幅広く進み、デジタル技術による企業の変革が加速、拡大し、主要な業種すべてにわたり成長が予想されています。

インデックスを
ダウンロードする

gii-whitepaper-cover

インデックスについて

インターコネクションとデジタル経済によるビジネスモデルの変化についてお問い合わせください。

グローバルインターコネクション | エクイニクス