デジタルエッジのためのアーキテクト

グローバルなインターコネクションプラットフォームを活用し、デジタルに対応できる企業になる方法をご覧ください。

IOA®プレイブック

エキスパートから得た情報をもとにアーキテクトのために作成されたIOAプレイブックは、デジタルトランスフォーメーション戦略における実証済み、かつ再現可能な「指南書」です。

IOAロードマップ

この5つのトランスフォーメーションステップにより変革をはじめれば、デジタル企業は将来に備えることができます。その詳細をご覧ください。

基本プラットフォームブループリント

一元化およびサイロ化された固定インフラストラクチャを再構築し、構成変更可能な分散型ITインフラストラクチャに組み込むための基本要素を入手できます。

 

ネットワーク最適化のブループリント

顧客、従業員、パートナー、クラウドの近くでエクスチェンジポイントを構築すれば、ネットワーキングコストが60%以上、レイテンシーが30%以上減少します。

ハイブリッドマルチクラウドブループリント

戦略的拠点で複数のクラウドをプライベートインフラストラクチャに直接接続することにより、一連のITインフラストラクチャハブを確立して分散型の地域コアを構築し、マルチクラウドの接続コストを削減します。

分散セキュリティブループリント

ユーザーとクラウドに隣接するポイントでセキュリティ管理対策を導入および接続し、ビジネストラフィックにプライベートエクスチェンジを活用すれば、分散セキュリティ境界が拡張され、エンドツーエンドの透明性が得られます。

分散データのブループリント

データエクスチェンジの拡張とエッジコンピューティングの統合により、遅延の影響を受けやすいリアルタイムのアプリケーションに関するニーズを満たし、顧客、従業員、ビジネスプロセスを支援することで、エッジの利点が確立されます。

アプリケーションブループリント

セキュアでセグメント化された低レイテンシーの相互接続とAPI中心のアプリケーション開発により、セキュアなアプリケーションメッセージングフローをエンドツーエンドで管理します。