ForresterのTotal Economic Impact™(TEI)調査によれば、Interconnection Oriented Architecture®を導入し、エッジでサービスを展開したクライアントは、328%のROI、最低30%のレイテンシー短縮、実装時間は6か月未満。

ITの主要な制約を解消する

 

距離を取り払う

顧客、従業員、パートナー、クラウドの近くでエクスチェンジポイントを構築すれば、ネットワーキングコストが60%以上、レイテンシーが30%以上減少します。

エッジでクラウドを解き放つ

戦略的拠点で複数のクラウドをプライベートインフラストラクチャに直接接続することにより、一連のITインフラストラクチャハブを確立して分散型の地域コアを構築し、マルチクラウドの接続コストを削減します。

リスクを管理する

ユーザーとクラウドに隣接するポイントでセキュリティ管理対策を導入および接続し、ビジネストラフィックにプライベートエクスチェンジを活用すれば、分散セキュリティ境界が拡張され、エンドツーエンドの透明性が得られます。

体験に変革をもたらす

データエクスチェンジの拡張とエッジコンピューティングの統合により、遅延の影響を受けやすいリアルタイムのアプリケーションに関するニーズを満たし、顧客、従業員、ビジネスプロセスを支援することで、エッジの利点が確立されます。

デジタル対応企業になるのに役立つ詳細なブループリント、設計パターン、プレイブックの充実したライブラリにアクセスしてください。

IOAナレッジベース®を見る

デジタルトランスフォーメーションへの取り組みを支援

お客様の業種に特有な相互接続を第一に考えたデジタル戦略のトレンド、現在の制約条件、将来の機能を検討する。