新しい一般データ保護規制への対応として当社の個人情報保護方針を更新しました。個人情報保護方針を見る ›

実績

概要

コンテンツ配信ネットワーク(CDN)にわたるデジタルメディアの交換は、急速に成長し、これからも成長し続けます。いくつかの予想においては、 2018 年までにCDNを通過するデジタルコンテンツは4倍になると見積もられています。この大量のトラフィックは、世界のインターネットインフラストラクチャに大きな負荷となり、遅延や帯域幅の問題を引き起こします。メディア資産フローにわたるシステム可用性を維持することは、デジタルメディアとエンターテイメント業界のすべての者にとって大変重要です。

media-entertainment-performance

EquinixのSolution Validation Centerで行われた試験結果では、ビデオ ストリーミング アプリケーションは、Performance Hubの導入によってネットワーク レイテンシーを 47 %低減することができました。

industries_media_ent_performance_img2_380x380

コストを削減しながら、ビデオストリーミングパフォーマンスを拡大

効率、速度および信頼性を高めるには、コンテンツはインターネットサービスプロバイダー(ISP)および顧客近くに配置しなければなりません。Equinix Media Cloud Ecosystem for Entertainment (EMCEE™)は、すべてのメディアコンテンツ配信システムをパートナーおよびユーザー人口集中地近くのデータセンターに収容し、レイテンシーを低減して帯域パフォーマンスを拡大します。Equinix International Business Exchange™ (IBX®)データセンターを活用することで、ワールドクラスの信頼性と優れた運用を確保し、プロセスの流れを維持することができます。当社のデータセンターは、平均 99.99999 %の世界平均稼働率およびクラス最高の物理的なセキュリティを提供しています。

エクイニクスのグローバルSolution Validation Center™ で行われた試験において、エクイニクスデータセンターを通過したビデオストリーミングアプリケーションは、 47 %低いネットワークレイテンシーを記録しました。当社の試験結果は、お客様がインターネットトラフィック配信の集約によりパフォーマンスと拡張性を改善することで、ネットワーク帯域幅コストで平均 25 %以上の節減を果たすことができることも示しました。

industries_media_ent_performance_img3_380x300

Equinix IBXデータセンター:

  • 5大陸、40主要ビジネス市場において6,300社を超えるお客様を収容
  • 1,150を超えるネットワークおよび1,300を超えるクラウド、IT、システムインテグレーターサービスにコスト効果の高いアクセスを提供
  • グローバルなサービス内容合意書(SLA)に基づくセキュアで信頼性の高い配信を実現

 エクイニクスの所在地 ›