今日のデジタル企業のリーダーたちはインターコネクション(相互接続)を活用して複雑な要件を整理し、分散化が進むインフラストラクチャの課題を解決しなければなりません。
エクイニクスは、デジタル化に備えたインフラストラクチャやデジタル企業の急激な成長をとらえ、測定、予測するためにグローバルインターコネクションインデックスを提供します。
あらゆる業界のリーダーたちは、この変化をとらえ、ビジネスの優位性を高めていっています。

インターコネクション(相互接続)

相互接続 - 企業間のプライベートなデータ交換

インターコネクション帯域

キャリアニュートラルなコロケーションデータセンター内の分散型のITトラフィック交換ポイントにおいて、さまざまな取引先やプロバイダーとのプライベートかつ直接的なトラフィック交換行うためにプロビジョニングされた総容量

インターコネクションが企業の
デジタル変革に備えた
インフラストラクチャ構築に
いかに貢献するか

あらゆる業界、産業にまたがる
インターコネクション帯域の急速な成長

0

CAGR(年平均成長率)*

現在までの帯域利用

予測される帯域利用

上図は、2017年から2021年の世界のあらゆる業界・産業におけるインターコネクション(相互接続)帯域の利用と、将来の予測を示しています。

予測される、企業の毎年のグローバル展開

インデックスを見る

「グローバルインターコネクションインデックスは、あらゆる業界・産業におけるデジタルサービスの問題である”近接性”を解決したいという要求の高まりのバロメータです。」

デジタル経済の重要性

ブラッド・ケースモアー, 研究所長, Datacenter Networks, IDC

インターコネクション(相互接続)が
お客様のビジネスにもたらす
メリットを知る

エコシステムの統合

2021年見込み

大幅な伸び率

66%

インターコネクション帯域

企業の相互接続利用

ネットワーク事業者が遅延を
解決する

最も急成長

98%

インターコネクション利用帯域の成長*

企業の相互接続利用

クラウド&ITサービスが遅延を解決する

*年平均成長率

最も急成長している業界

相互接続の帯域利用量 CAGR (年平均成長率)

2021年見込み

エネルギー

73%

CAGR

医療・ライフサイエンス

70%

CAGR

卸売・小売

67%

CAGR

3つのグローバルインターコネクションインデックスのサンプルスライド

インデックスでは、相互接続を活用しお客様のデジタルビジネスをより適切に統合し、セキュアに拡張するための重要な知見を得ることができます。

インデックスを見る

さらなる考察

インターコネクション戦略ガイド

相互接続によって、企業に戦略的優位性とより良好な企業業績をもたらす、人々、拠点、クラウド、データへの革新的なアクセスが実現します。

BMC 導入事例

BMC Softwareは、Platform Equinix™のインターコネクション優先アプローチを活用して顧客満足を向上させ、サービスに影響する問題を低減しました。

データセンターの終焉とデジタル・インフラストラクチャの台頭

デジタル・インフラストラクチャのアーキテクチャは、現行のトポロジの延長線上にはなく、ビジネス・ニーズに応じたグローバル級の規模を有するものへ変わっていく。

グローバルインターコネクション | エクイニクス