今日のデジタル経済において成長を推進するためには、組織はITのアーキテクチャを再設計し、主要サービスプロバイダーやエンドユーザとの接続ポイント、すなわちエッジにおけるインターコネクションを実現する必要があります。本稿は、ビジネスへのインパクト、および企業が変化するニーズにいかに対応できるかについて説明します。

  • 世界にわたるIT展開の中で、企業がこれらの新たなビジネスチャンスと「どこで」相互接続すればよいかを説明します。
  • 価値の創造は、顧客やパートナーとのポイントオブエンゲージメントで行われ、ポイントオブエンゲージメントがエッジを定義します。
  • アプリケーション、サービス、データの統合や中央集中化に関する従来の主張は今や時代遅れです。

目標は、利用者のデジタルニーズを損なうことなく、エンゲージメントポイントにおけるプレゼンスを最大化し、価値を創造することです。

ダウンロードリクエスト:

相互接続された企業の競争力