このレポートでは、OEM、サプライヤー、サービスプロバイダーが戦略的インフラストラクチャによってどのように価値を発揮できるかに焦点を合わせ、コネクテッドカーおよびスマート交通の主要トレンドを調査しています。効率よくコスト効果の高い方法で効率的なデータ集約、アナリティクス、変換を実現するために、自動車OEMがITインフラストラクチャをどのように構築する必要があるかを述べています。

  • モバイルおよび政府が要請する接続性が爆発的増加を促す
  • 自動運転車への移行が段階的に進み、電気自動車が主流になる
  • より多くの人々がライドシェアサービスのようなTransportation as a Service(TaaS)を選択
  • OEMはユーザーの選択と自律システムに基づいて意思決定を行う
  • 収益は自動車販売からデータを活用したサービスに移行
  • 自動車によって収集されたデータが収益化のための資産になる
  • 車両は分散エッジになり、データが車内で処理されるため、レイテンシーが短縮される

自動運転車は、走行するだけでなく多くの機能(例:搭乗者を正しく認識する、子供がいる場合はチャイルドロックを使用する、体の不自由な搭乗者を支援する)を実行し、安全に不可欠な膨大な量のデータをリアルタイムで処理することが求められます。データ処理の大半はエッジで行われ、深層学習はクラウドで行われます。

- 自動車の一次部品サプライヤー

ダウンロードリクエスト:

FTI Consultingによるレポートでは、コネクテッドカー業界の未来のトレンドと、ITインフラストラクチャおよびデータの戦略的価値を取り上げています。