シカゴには無数の国内外企業や、株式、オプション、先物、証券などの多くの取引所が集中しています。企業は、シカゴの3つのエクイニクスデータセンター内にある金融エコシステム、ネットワーク密度、インターコネクションのオプションを利用することができます。金融企業は、データプロバイダー、ブローカー、リスクアプリケーションプロバイダーへのアクセス向上、新製品を市場に投入するまでの時間の短縮、コストの削減などの利益を得られます。

  • 価値の高い金融取引所の顧客や通信事業者の多さなどの、シカゴのCH1、CH2、CH4データセンターのメリット
  • 200を超えるバイサイド、セルサイド、プライムブローカー、清算参加者、ネットワークとのインターコネクションにより、あらゆるアセットクラスへのアクセスを提供
  • 多数のリクイディティプロバイダーや市場メーカー、ヘッジファンド、自己勘定取引グループに対応する取引システムへの接続
  • ネットワークとキャリア中立性データセンターにより、金融コミュニティの各メンバーに新たな機会と効率性を提供

幅広いネットワークプロバイダーと、バイサイド、セルサイド、取引所、代替取引プラットフォーム、市場データおよび分析プロバイダーを単一のロケーションにまとめれば、複雑さと接続コストが大幅に軽減されます。豊富なネットワークのあるデータセンターは、全体的なコストの管理、スループットの向上、レイテンシーの削減に役立ちます。

- シカゴの金融ハブ、エクイニクスエコシステムレポート

ダウンロードリクエスト:

エクイニクスの金融エコシステムのメリットを利用し、好況の市場に接続する | エクイニクスホワイトペーパー