モノのインターネット(IoT)の成長およびより没入的で、インタラクティブなユーザーインターフェイスに向かう今後のトレンドが、データ生産とコンピューティングの重心を中央集中型のデータセンターからエッジに移動させています。この調査は、世の中がデジタルビジネスに向かう中、クラウドコンピューティング、コンピューティングアーキテクチャのトポロジー、アプリケーションの性質の将来に関する一般的な見方に矛盾しています。モノのインターネット(IoT)や新しいユーザー・マシンインターフェイスのため、メガデータセンターの継続的な成長の代わりに、コンピューティングとストレージはエッジに移動します。

特長:

  • デジタルのビジネスが要求している重要度の増加とユーザー エクスペリエンスに対応できるアーキテクチャと技術に投資します。
  • より小さくより敏捷なビジネスの瞬間を目標にするテクノロジー、アプリケーションアーキテクチャ、アプリケーショントポロジー(エッジを含む)を特定する企業と協業してください。
  • 企業、お客様、従業員間でよりダイナミックでより没入的なインタラクションを実現する、ユーザーインターフェイスへの大きな将来への投資を計画してください。
  • 遅延、場所、連合と自律を考慮に入れた将来のアプリケーションのための戦略を構築し、アプリケーションのエッジ、クラウド、その間への設置を特定してください。

エッジコンピューティングが原動力となる新しい需要に注力しない企業やベンダーは、競争力がなくなります。エッジは、クラウドに「食い込み」ます。

ダウンロードリクエスト:

Gartner レポート - エッジがクラウドを食う | エクイニクス