gartner


GARTNERは米国および世界各国におけるGartner, Inc.または関連会社の登録商標およびサービスマークであり、同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved.

コロケーションクラウド接続ソリューションは、さまざまなユースケースや課題を念頭に置いて設計されています。ソリューションごとに長所があり、セキュリティ、柔軟性、敏捷性といった特性、またAPI対応や60秒未満での設定変更などの特長を持っています。

-Bob Gill氏、Lisa Pierce氏、およびRoss Winser氏(Gartnerアナリスト)



Gartner リポート

Gartner - Colocation Cloud Interconnection Requires a Purposeful, Planned Approach(コロケーションクラウド相互接続には目的を持った計画的なアプローチが必要)

コロケーション施設はさまざまなオプションを通じてクラウドへの接続を可能にします。これらのソリューションのメリットを享受するには、I&Oリーダーは選択および実装プロセスを再考する必要があります。

ハイライト:

信頼性のある情報システム基盤の構築と維持を職務とする情報システム基盤&オペレーションリーダーには、次のことが求められます。
クラウド接続の戦略的重要性から、コロケーション選択プロセスに新たな検討事項を加える必要があります。
クラウドの利用は予測できないため、情報システム基盤の敏捷性と継続的な最適化の重要性が高まります。

クラウド相互接続ソリューションはすぐに重要な本稼働システム基盤となり、回復力計画要件が加わります。





ダウンロードリクエスト:

Gartnerレポート - Colocation Cloud Interconnection Requires a Purposeful, Planned Approach(コロケーションクラウド相互接続には目的を持った計画的なアプローチが必要) | エクイニクスアナリストレポート