エッジへと変革するビジネス

デジタル経済においては、物理的な世界とバーチャル世界が交差するデジタルエッジで競争を戦わなくてはならない

いつでも、どこでも

クラウド、デジタルコラボレーション、モビリティ、モノのインターネット(IoT)が交錯する今日のデジタルエッジは、どこにでも、いつでも存在しなければならないことを示しています。

IDCは、今後5年間、デジタルエッジおよびデジタルマルチクラウドコアで変革がおこり、データを活用したアナリティクス指向の組織が、売上を増やし、コストを削減、生産性を向上させ、2兆ドルの利益を生み出すと予想しています。

IDC—Rethinking Datacenter and Traditional Edge IT with Interconnection (データセンターと従来のエッジITをインターコネクションで再考する)

すべての拠点でデジタルでのやり取りを適切にサポートできない、縦割り型のITへのアプローチをする企業に課題が突きつけられています。

パフォーマンスを継続しなければならない、セキュリティへの懸念、計画外のITコスト、売上の低下は、すべてITアーキテクチャがエッジでのビジネスのペースに追いついていないことを示す兆候です。

成功するためには、世界中の各拠点で、敏捷性のある動的なITアプローチが必要です。デジタルエッジにおいて、ほぼリアルタイムで、すべての人、拠点、クラウド、データをシームレス、かつ効率的に、そしてセキュアに統合していく必要があります。

すべてをつなぐインターコネクション

デジタルビジネスプラットフォームを戦略的なエッジロケーションで構築すると、インターコネクション(相互接続)を中心に展開される次世代アーキテクチャが、すべてのデジタルタッチポイントの統合を可能にします。

インターコネクション(相互接続)の考え方は、新しいエンゲージメントをサポートし、今日の急速な革新を推進します。

インターコネクションがこれほど必要不可欠となっている理由をご覧ください  ›

デジタルエッジを実現するデジタルエッジに関するお問合せ   ›

Twitter

この内容をシェアする

Facebook LinkedIn Google+ Twitter 追加する

お問い合わせ:

電話でのお問い合せ

Contact us by phone
03.5657.1300
Support: +81 3.4520.8118

03.5657.1300
お問い合わせ