マドリードのデータ センター

マドリード データセンターを選ぶ理由

マドリードのデータセンターは、イベリア半島で最も接続性が高く、キャリア中立の施設です。少ない二酸化炭素排出量で、45社以上のプロバイダーにクラウド接続を提供しています。

認定および規格

エクイニクスのデータセンターは、厳格な環境・エネルギー管理基準を満たしているとして認定されています。

認定資格のページで、データセンター固有の認定資格のリストを参照できます。

Platform Equinix®による世界的なネットワーク相互接続

柔軟な容量

マドリードのInternational Business Exchange™(IBX®)データセンターは、柔軟な構成および電力密度に対応し、回復力を備えた電源を設置しており、シングルキャビネット展開またはマルチメガワット環境に対応できます

豊富な接続の選択肢

エクイニクスのIBXデータセンターでは、60社以上の通信事業者からネットワークサービスを選択でき、スペインのインターネットエクスチェンジであるESpanixへの直接接続が可能です

再生可能エネルギー

マドリードのデータセンターは100%再生可能エネルギーを使用しており、二酸化炭素排出量の削減を支援します

活気に満ちたエコシステムを活用

エクイニクスを通じて、金融企業、コンテンツおよびデジタルメディアサービス、グローバルネットワーク、クラウドサービスプロバイダーなどの各種コミュニティとつながることで、お客様社内での価値創造が加速および増幅されます。

信頼できるパートナー