マスカットデーセンター

マスカット デーセンターを選ぶ理由

マスカットのInternational Business Exchange™(IBX®)データセンターは、アジア、アフリカ、ヨーロッパを結ぶデジタルエコシステムの中心に、戦略的な配置が成されています。このデータセンターは、グローバルビジネス市場間において、一定地域を対象とし、優れた低レイテンシーを備えた相互接続ハブを確立しました。マスカットのMC1は、オマーン初のデータセンターとなり、キャリア、コンテンツ事業者、クラウド事業者が重要なITインフラストラクチャのコロケーションを行うキャリア中立性を備えたハブとして世界クラスのものです。

認定および規格

マスカットデータセンターは、優れた運用、環境、エネルギー管理基準に合う厳格なEquinix基準に基づいて構築され、運用されています。

認定資格の完全なリストは、認定資格のページでご覧ください。

Platform Equinix®による世界的なネットワーク相互接続

地域ごとのピアリング

海底ケーブルランディングステーションが豊富なマスカットは、通信事業者、コンテンツプロバイダー、クラウドサービスプロバイダーが重要ITインフラストラクチャを超低レイテンシーでコロケートする地域のピアリングハブです。

最先端

マスカットMC1 IBXは、グローバル通信ハブであるオマーンの立地的な利点を活かして、世界中の120以上の都市と接続しています。オマーンでは、フランクフルトとシンガポールのあいだで冗長性に優れた160msという無類のレイテンシーが実現します。フランクフルトとシンガポールは世界の二大キャパシティハブであり、オマーンの新MC1デーセンター内で直接アクセス可能です。

相互接続エコシステム

マスカットデータセンターでEquinix Internet Exchangeに加われば、トラフィックを効率的にピアリングし、ネットワーク、クラウド、コンテンツ、デジタルメディアプラットフォームからなるダイナミックな地域のエコシステムにリーチできます。中東、そしてその先へ事業を展開してください。

活気に満ちたエコシステムを活用

エクイニクスを通じて、金融企業、コンテンツおよびデジタルメディアサービス、グローバルネットワーク、クラウドサービスプロバイダーなどの各種コミュニティとつながることで、お客様社内での価値創造が加速および増幅されます。

信頼できるパートナー