ハンブルクデータセンター

ハンブルク データセンターを選ぶ理由

エクイニクスのハンブルクIBXデータセンターは、キャリア中立のコロケーション施設を備え、クラウドプロバイダーへのアクセスを含め、ピアリングおよびトランジットのためのさまざまなネットワークを提供しています。北海に近い場所に戦略的に設置され、アジアパシフィックおよび米国へとつながるヨーロッパ全域の海底ケーブルルートへの玄関口となります。サービスと競争力のある価格の最適な組み合わせです。HH1施設はハンブルク中心地にあり、セキュリティ、回復力、コンプライアンスを兼ね備えたコロケーションサービスを提供しているため、データ復旧および事業継続性ソリューションに最適です。

認定および規格

ハンブルクデータセンターは、優れた運用、環境、エネルギー管理基準に合う厳格なEquinix基準に基づいて構築され、運用されています。

認定資格の完全なリストは、認定資格のページでご覧ください。

Platform Equinix®による世界的なネットワーク相互接続

業界トップレベルの稼働時間

業界トップクラスの99.9999%のグローバル稼働時間を誇る、約130,000平方フィート(12,000平方メートル)の施設が刷新されています

海運の主要ハブ

ハンブルクIBXデータセンターは北海に近い場所に戦略的に設置され、相互接続されたさまざまな組織への対応を目指しています。

 

GDPRコンプライアンス

ドイツの厳しいデータプライバシー法によりデータセンターのオペレーション展開が最適化される中、セキュアで回復力に優れ、法令を遵守したコロケーションサービスを提供します。

活気に満ちたエコシステムを活用

エクイニクスを通じて、金融企業、コンテンツおよびデジタルメディアサービス、グローバルネットワーク、クラウドサービスプロバイダーなどの各種コミュニティとつながることで、お客様社内での価値創造が加速および増幅されます。

信頼できるパートナー