ⅹ新しい一般データ保護規制への対応として当社の個人情報保護方針を更新しました。個人情報保護方針を見る ›

エクイニクスのグローバル調達


エクイニクスはすべてのサプライヤーとの関係を大切にしています。これはエクイニクスのビジネス遂行における重要な要素のひとつです。IBXを最高の品質で管理し、お客様に最高のサービスを提供するためには、サプライヤーの皆様の貢献が不可欠です。

エクイニクスは標準化されたグローバルプロセスを準拠および適用し、当社のエンドツーエンドプロセスに最適なツールとしてCOUPAを使用しています。入札の受信、POの取得、請求書の送信、カタログの管理を単一のデジタルソリューションでおこないます。これにより、サプライヤーとの関係における効率と影響力が確保されます。

ポータルにアクセス




S2PプロセスとCoupaのメリット

  • 調達活動の管理と契約設定に関する一般的な手法
  • 情報の登録と既存情報の更新を改善
  • すべての発注書をオンラインでまとめて表示
  • 請求書を直接送信することで、エラーを減らし、支払い期間を短縮
  • 請求書支払いの進行状況を追跡
  • 発注書から請求書を作成し、ボタン1つで送信
  • 社内の担当部署チーム、主として経理チームとのやりとり



はじめに

エクイニクスサプライヤーになるには

COUPA Successポータルへアクセス


ビジネスパートナー行動規範



エクイニクスサプライヤーの取引条件

エクイニクスとサプライヤーパートナーが特別な書面による契約条件を交わしていない限り、エクイニクスの取引条件がすべての発注書に適用されるものとします。特定の国に適用されるしかるべき条件は、こちらからダウンロードできます。

 



FAQ

全文を読む

Coupaサプライヤーポータルは、エクイニクスサプライヤーパートナーとエクイニクスがステータス情報の登録、処理、更新を電子的に行うためのセキュアなデジタルゲートウェイです。エクイニクスサプライヤーは、このオンラインポータルで購入注文および請求プロセスを使用できます。このポータルはしばしば「CSP」とよばれ、エクイニクスのサードパーティ調達決済パートナー(Coupa)のサポートを受けています。

サプライヤーポータルでは、双方のバックオフィスプロセスをより効率的かつ効果的にすることができます。サプライヤーポータルはエクイニクスのデジタルジャーニーとトランスフォーメーションを支援するものです。

CSPに登録する前に、サプライヤー登録をする必要があります。エクイニクスのサプライヤーとして承認を受ける前に、サプライヤーパートナーの皆様は関連情報、認定、パートナー行動規範に確認の署名をして審査を受けていただく必要があります。セキュリティ上の理由から、承認登録プロセスは別になっています。承認されたエクイニクスサプライヤーには追ってCSPへのリンクが送信されます。

CSP利用規約により、ホステッドソリューションの使用を認めていただく必要があります。これらは、エクイニクスへの製品およびサービスの供給に対応するエクイニクスの標準の利用規約とは異なります。

CSPでは、サプライヤーパートナーがエクイニクスと電子取引を行うことができます。次の利点があります。

  • エクイニクスの発注書にすぐにアクセスし、検索
  • 注文確認機能
  • サプライヤーが製品、サービス、価格表カタログのアップロードや更新をセルフサービスで管理
  • エクイニクスの発注書をサプライヤー請求書に変換(PO変換)
  • 請求書、領収書、決済ステータスの投稿と管理

CSPを使えば、受領、処理、送金にかかるエクイニクスの後方業務の時間が短縮されます。エクイニクスサプライヤーのおもなメリットは、時間差のある電子メールによる最新情報のリクエストではなく、処理ステータスをリアルタイムで把握できることです。

リクエストに応じて、承認されたエクイニクスサプライヤーにリンクが送信されます。

CSPの公開プロフィール(Coupaコミュニティで閲覧可能)は更新できますが、プロフィールを更新しても、エクイニクスがファイル上で保持しているデータは更新されません。CSPで入力した法人情報は、規約に準拠した請求書を作成して自動送信する際に役立ちます。

なんらかの理由で正式名称などの会社プロフィール/情報を変更する必要がある場合は、地域の経理担当ヘルプデスクにお問い合わせください。

南北アメリカ - askapamer@equinix.com

アジア太平洋地域 - askapapac@equinix.com

EMEA - askapemea@equinix.com

エクイニクスサプライヤーは、組織環境に応じてサプライヤーポータルで複数のアカウントを持つことができます。サプライヤーパートナーには、それぞれのアカウントをCSPの共通のインスタンスで一元管理することをお勧めします。ポータルでは複数のアカウントを別に管理できるため、サプライヤーの別の法人を一元管理またはローカル管理できます。

ユーザーは企業または組織アカウントの電子メールアドレスを登録する必要があります。サプライヤーポータルでは、複数のデバイスや場所からのアクセスが可能です。

CSPでは、サプライヤーがプロセスのさまざまな要素を担当する連絡先や個人を設定できます。PO処理、PO確認、請求書管理などがその一例です。サプライヤーは、社内でこれを管理するプライマリアカウントオーナーを割り当てる必要があります。アカウント管理担当者ではない場合、エクイニクスの窓口に適切なアカウント管理者をお知らせください。

CSPは複数の言語でご利用いただけます。ページ下部で変更が可能です。エクイニクス取引に関する情報は翻訳されず、画面上のラベルのみです。

手続きは完了です。デジタル化のメリットをご活用いただけます。ご意見、ご感想をお待ちしています。

COUPAポータルでの請求書送信方法ガイドをご覧ください。

ソーシングイベントの参加には、CSPアカウントの所有やCSPへのアクセスは必要ありません。ソーシングイベントへの招待メールから直接、イベントにアクセスできます。