経営陣

概要

エクイニクスの経営陣は、継続的な成長、成功に対して重要な責任を担っています。世界各国のエクイニクス役員と地域担当役員をご紹介します。

Charles J. Meyers(チャールズ J. マイヤーズ)

Charles J. Meyers(チャールズ J. マイヤーズ)

President & Chief Executive Officer

TWITTER        LINKEDIN

マイヤーズは2010年にエクイニクス・アメリカのプレジデントとして入社しました。在任中はエクイニクス最大の事業部門であるエクイニクス・アメリカの大幅な成長と高い業績を実現しました。その後、同社のチーフ・オペレーティング・オフィサー(COO)に就任し、グローバルセールス、マーケティング、オペレーションおよびカスタマーサクセス部門を統括しました。 2017年、ストラテジー、サービス&イノベーション(SSI)部門プレジデントに就任し、エクイニクスの企業戦略、テクノロジーイノベーション、製品マネジメント、エンジニアリングの各部門を含む戦略的事業チームを率いてきました。マイヤーズのリーダーシップの下、SSIはターゲットとする主要成長セグメントを特定し、市場や競合他社そしてテクノロジートレンドに対応したサービスポートフォリオの展開に取り組み、エクイニクスがクラウドイネーブラーとしての地位を確立することに貢献してきました。

マイヤーズはハイテク業界で25年にわたって輝かしい実績を築いてきました。エクイニクス入社前は、Verisignのグループ・プレジデントとして、セキュリティ、コミュニケーション、モバイルメッセージング事業をはじめとする同社の収益事業ポートフォリオの指揮を執りました。
それ以前には、Level 3 Communicationsでグローバルマーケティング部門グループ・バイスプレジデント、IP/データサービス部門プレジデント、ソフトスイッチサービス担当シニアバイスプレジデントなどの幹部職を歴任し、Level 3がインターネットとVoIPサービスの有力グローバルプロバイダーとして頭角を現す一助となりました。

また、BellSouthにおける上級幹部職、Internet Security SystemsのIPO以前の経営幹部職も務め、Booz-Allen & Hamiltonコンサルタント会社におけるシニアアソシエートとしても働いた経験があります。

マイヤーズは、ノースウェスタン大学のケロッグ経営学部およびマコーミック工学部でそれぞれ修士号を取得しています。また、コロラド大学で化学工学士号を取得しています。

Raouf Abdel(ラウフ・アブデル)

Raouf Abdel(ラウフ・アブデル)

Executive Vice President, Global Operations

2012年にエクイニクスに入社し、今日ではグローバル・オペレーションの長として当社の技術部、建設部および業務部を統括しています。それ以前は、北米・南米地域業務チーフとして、IBX事業を率い、著しい成長と拡大に貢献しました。データセンター、通信、建設業界で 30 年以上の経験を有しています。エクイニクス入社前は、OpTerra Energy Groupの社長兼CEOとして、事業計画の構築、会社の資金調達および日常業務の責任者でした。その前は、Level 3 CommunicationsのBusiness Markets Group社長として同社の10憶ドルEnterprise事業部を率いていました。また、Level 3 のネットワーク展開、製品開発、M&Aにおいて多くの指導的職務を歴任しました。Level 3 の前は、MFS Communicationsでネットワーク配備担当VPを務め、米国、ヨーロッパおよびアジアにわたるネットワークおよび設備展開の責任者でした。

フィラデルフィアのテンプル大学で、電気工学士号を取得しています。

Sara Baack(サラ・バアク)

Sara Baack(サラ・バアク)

Chief Product Officer

サラ・バアクは最高製品責任者として、業界をリードするエクイニクスの製品およびサービスポートフォリオの定義、開発、提供の責任を担っています。2012年に最高マーケティング責任者としてエクイニクスに入社し、グローバルブランド開発、市場戦略、製品およびサービスポートフォリオ、業界分析、広報、ソリューションマーケティング、総合的な需要創出を統括しています。

バアクは新規サービスの構築および商用化に関する豊富な実績を持ち、25年以上にわたって企業の戦略に携わってきた経験をエクイニクスでも発揮しています。前職ではLevel 3 Communications, Inc.でさまざまな上級職を歴任し、直近ではボイスサービス担当上席バイスプレジデントとして、10億ドル規模の事業部で戦略、製品管理、価格設定、商業的サポート、相互接続、規制対策、ベンダー管理、ネットワーク計画、運用を統括しました。Level 3のほかには、PaineWebber Incorporatedの主要取引担当バイスプレジデントとして、通信セクターへの専用プライベートエクイティキャピタルの投資経験があります。

Silicon Valley Business Journalで年間最優秀CMOに選ばれたほか、National Diversity Councilでも、テクノロジー業界で最もパワフルな女性トップ50の1人に選出されています。ライス大学で学士号、ハーバード大学院ビジネススクールでMBAを取得しています。

Michael Campbell(マイケル・キャンベル)

Michael Campbell(マイケル・キャンベル)

Chief Sales Officer

Chief Sales Officerとして、Michael Campbell(マイケル・キャンベル)は、直販および販売チャネルパートナーの全エコシステムを含め、エクイニクスの営業戦略および実践の全世界にわたるあらゆる取り組みに責任を負っています。エクイニクスの顧客ベースを拡大し、新しいビジネス機会を活用するため、戦略の実行に注力しています。それ以前は、エクイニクスの営業担当Senior Vice Presidendを務めていました。

エクイニクスには、主要ハイテク組織における30年以上の国際営業幹部経験をもって2015年に入社しました。エクイニクスへ入社する前には、Symantecで年間2十億ドル近くを売り上げるグローバルなリニューアルと、ウェブサイトセキュリティ事業を統括していました。SymantecにはVeriSignの認証事業との合併に伴い移籍しましたが、それ以前にはVerisignにより買収されたGuardentでグローバル企業やチャネル営業チームを率いていました。Guardentの前には、Akamaiの米国内営業部門を統率し、1年で収益を89百万ドルから160百万ドル以上へとほぼ倍増させました。その前は、NCR、UUNET、CompuServe、MCI、WorldComにおいてさまざまな営業幹部の役職を歴任しました。

デイトン大学でコミュニケーション論を副専攻し、マーケティング学士号を取得しています。

JustinDustzadeh

Justin Dustzadeh(ジャスティン・ダスツァデー)

Chief Technology Officer

Dr. Justin Dustzadeh joined Equinix in 2019 and serves as Chief Technology Officer. In this role, he is responsible for developing a technology roadmap to support the company’s broader platform strategy, leading the next-generation technology and innovation function, and contributing to the company's ongoing leadership in the cloud ecosystem.

Prior to Equinix, Mr. Dustzadeh served as Head of Global Network and Software Platform at Uber, where he led the team responsible for the architecture, engineering and operations of Uber’s global network infrastructure, as well as software platforms enabling Uber's business worldwide.

Visa、Huawei、Ericsson、AT&T、(自身が創設した)シリコンバレーのスタートアップ企業のほか、フランスの主要サービスプロバイダー2社でさまざまな役職を経験しています。

Mr. Dustzadeh holds a Ph.D. and M.S. in Computer Science from Télécom Paris, and a B.S. in Theoretical Physics from École Normale Supérieure (Ulm) in Paris.

ブランディ・ガルビン・モランディ

Brandi Galvin Morandi(ブランディ・ガルビン・モランディ)

Chief Legal and Human Resources Officer and Corporate Secretary

ブランディ・ガルビン・モランディは、2003年1月の入社以来、エクイニクスのゼネラルカウンセル(法務顧問)とコーポレートセクレタリーを兼務してきました。2019年初めからはさらに職務の幅を広げ、エンゲージメント、開発、そしてコンプライアンスを通して、エクイニクスマジックと呼ばれる文化を推進しています。エクイニクスへの入社からオンボーディング、キャリアアップへと続く中での成功体験を通じて、すべての従業員が責任感を持って業務に取り組める職場作りに取り組んでいます。また、事業の成長と買収によって8,000人を超える規模となったエクイニクス従業員の継続的な成長を支援する上で不可欠な、戦略的プランニングも担当しています。

エクイニクス取締役会との緊密な協力を含め、法律および規制遵守事項、行政業務およびコーポレートガバナンスを担当するグローバル組織を率いています。これまでに世界各地で多数の買収および合弁事業を成功に導き、法務チームによる270億ドル以上の株式および債務調達を達成しました。

エクイニクスに入社する前は、米カリフォルニア州メンロパークを拠点とする法律事務所、Gunderson Dettmer Stough Villeneuve Franklin & Hachigian, LLP(Gunderson Dettmer)の法人証券グループにおいて、多くの上場企業や未公開企業向けに株式/債権業務や合併/買収関連業務、さらには一般的な上場企業の代理業務を取り扱っていました。法律分野に携わる以前は、広報分野において幅広い職務を経験しています。

南カリフォルニア大学で国際関係学とジャーナリズムの学士号を取得し、カリフォルニア大学ヘイスティングス校ロースクールでJD(法学士)を取得しています。

Eric Schwartz(エリック・シュワルツ)

Eric Schwartz(エリック・シュワルツ)

Chief Strategy and Development Officer

エリック・シュワルツは2006年にエクイニクスに入社して以来、さまざまな上級管理職を歴任し、現在は最高戦略および開発責任者として、企業戦略、事業開発、テクノロジーおよびイノベーション、ハイパースケールイニシアティブ、経営企画の指揮を執っています。これには、全社にわたり効果的で包括的な戦略および意思決定を推進し、それにより成長と拡大に向けた戦略的および戦術的要素をサポートすることも含まれます。この職務の一環として設備投資プログラムを統括し、戦略的インフラストラクチャとしてPlatform Equinixへの移行を進める企業を後押しし、最適なアーキテクチャを支えるプラットフォームとしてのエクイニクスの地位強化に向けて取り組んでいます。

以前は、2007年のIXEuropeの買収、2016年のTelecityの買収など、エクイニクスのヨーロッパへの拡大を統率していました。2008年から2019年までEMEAのプレジデントとして、ヨーロッパおよび中東地域でのエクイニクスの経営管理、戦略、成長を統括していました。シュワルツの指揮の下、EMEA地域の収益は2008年の1億7,800万ドルから2018年には16億ドルへと伸び、15か国に73のInternational Business Exchange™(IBX®)データセンターを展開しました。

それ以前は、BellSouthのIP通信部門担当副社長として、VoIPなどの高度な通信技術の開発・導入を統率してきました。BellSouth入社前は、アトランタの不動産開発会社、Harold A. Dawson Companyのエクゼキュティブ副社長でした。McKinsey & Co.で米国およびアジアの戦略問題について、通信や金融サービス会社のコンサルティングを行っていたこともあります。

スタンフォード大学で電気工学士号と経済学修士号を、ハーバード大学ビジネススクールで経営学修士号を取得しています。

Karl Strohmeyer(カール・シュトロマイヤー)

Karl Strohmeyer(カール・シュトロマイヤー)

Chief Customer and Revenue Officer

カール・シュトロマイヤーは2013年に南北アメリカ担当プレジデントとしてエクイニクスに加わり、同地域のエクイニクスの経営管理、戦略、成長計画を統括しています。在任中に同地域の収益を倍増させたほか、Verizonの資産買収とブラジル事業の統合、Infomartの買収により、エクイニクスのポートフォリオを拡充することに成功しました。

現在は最高顧客および収益責任者(CCRO)として、営業、マーケティング、カスタマーケアを含む市場の攻略(GTM)およびカスタマーエンジンをグローバルかつ全面的に統括し、南北アメリカ、EMEA、アジアパシフィック地域のマネジメントを担当しています。

以前は、Level 3 Communicationsに12年間所属していました。直近では北米エンタープライズグループのグループ副社長を務め、1,200人以上の営業部門を統括し、年間約25億ドルの収益を上げました。それ以前はLevel 3のグローバルキャリアチャネルを統率し、キャリアとサービスプロバイダーにおいて10億ドル以上の売上を達成しました。

Level 3以前は、NetRailでオペレーション担当エグゼクティブバイスプレジデントと経営企画EVPを兼任していました。

ニューハンプシャー大学で経営管理学士、マーサー大学で国際経営管理修士号を取得しています。

Keith D. Taylor(キース D. テイラー)

Keith D. Taylor(キース D. テイラー)

Chief Financial Officer

1999年にエクイニクスに入社して以来、これまでに財務・管理部門担当ディレクター、ファイナンス&チーフ・アカウンティング・オフィサーなどを歴任し、現在CFOです。エクイニクス入社前は、ワイヤレス通信ネットワークの通信事業者および開発ベンダーであるInternational Wireless Communicationsでアジアと南米を担当するバイスプレジデントや財務/経理担当マネージャーとして活躍しました。それ以前は、医療・診断装置メーカーであるBecton Dickinson & Companyで、アジア、南米、ヨーロッパの各地域における診断事業分野のシニア・セクター・アナリストとして活躍しました。

カナダのケベック州にあるビショップ大学で経営学の学士号を取得し、カナダ勅許会計士協会(CICA)の会員です。

peter-van-camp

Peter Van Camp (ピーター ヴァン キャンプ)

Executive Chairman

ピーター ヴァン・キャンプは、2007年4月に取締役会執行会長に就任しました。その以前には、2000年5月に取締役兼最高経営責任者、2006年3月に社長兼最高経営責任者に就任しています。さらに2001年6月から2002年12月まで取締役会長を務めており、2005年12月にも同職に再任されました。1997年1月から2000年5月まで、ヴァン・キャンプはMCI(旧WorldCom)のインターネット事業部門であるUUNETにおいて、インターネット市場部門のプレジデントおよび南北アメリカ地域担当プレジデントを務めました。1982年10月から1995年5月までインターネットアクセスプロバイダーのCompuserve Network Servicesにおいてさまざまな業務を担当した後、1995年5月から1997年1月まで同社のプレジデントを務めました。

ヴァン・キャンプは現在、Damon Runyon Cancer Research Foundationの理事も務めています。

Milind Wagle(ミリンド・ワグレ)

Milind Wagle(ミリンド・ワグレ)

Senior Vice President, Chief Information Officer

2010年にエクイニクスに入社し、シニアバイスプレジデント兼グローバル最高情報責任者に就任しました。グローバルITチームを率い、情報セキュリティ、情報システム基盤およびオペレーション、ビジネスアナリティクス、エクイニクスのあらゆるエンタープライズアプリケーションのサービス提供を統括しています。

エクイニクスに入社する前は、VeriSignでIT関連のさまざまな管理職を経験し、最終的には同社のグローバルITアプリケーションの管理を担当しました。Verisignの前は、KPMG ConsultingおよびBearingPointで管理コンサルタントとして、ハイテクおよび通信業界の多様なクライアントのため複数のビジネストランスフォーメーションおよびテクノロジープログラムのデリバリーを統括していました。テクノロジーキャリアの出発点は、インドのTata Interactive Systemsでのソフトウェアエンジニアでした。

ムンバイ大学において、電子工学士号を取得しています。