新しい一般データ保護規制への対応として当社の個人情報保護方針を更新しました。個人情報保護方針を見る ›

製品情報の変更について

製品名及び製品内容変更(グローバル製品カタログとの統一)のお知らせ

こちらでご案内する製品に関する変更は、エクイニクスがグローバルで目指している製品やポリシー統一の一環であり、これらの統一により、お客様とエクイニクスのやりとりを簡素化することを目指しています。これに伴い、システム統合後に発行される見積書、注文書、請求書につきましては、新製品名でのご案内となります。

当該変更内容の概要を以下のセクションでご案内します。


Section 1 - 製品名の変更

以下の表にて業務システムの統合後に適用される製品名と旧製品名の変更点をご案内いたします。新しい製品名が、新システムから発行される請求書に記載されます。統合完了は2018年2月を予定しております。

ビットアイル製品&サービス名称エクイニクス製品&サービス名称
コロケーションサービスコロケーションサービス

レンタルラックサービス2

  • 1/4 キャビネット, 1/2 キャビネット, フルキャビネット
  • 電源, 電流監視

セキュアキャビネット(KVAベース)

  • 1/4 キャビネット, 1/2 キャビネット, フルキャビネット

ケージスペースサービス2

  • 電源, 電流監視

プライベートケージ(KVAベース)

  • スペース & パワー

レンタルオフィス

IBXFlex

備品ロッカー

IBXFlex

ネットワークサービスインターコネクションサービス
構内回線サービスクロスコネクト

インターネット接続サービス3

  • 共用型, 共用型(10%帯域保証)
  • 専用型, 専用従量課金型
  • IPアドレス割当, DNS

エクイニクスコネクト

  • 最小帯域保証型
  • IPアドレス割当, DNS

プライベート接続サービス – ビットアイル コネクト4

エクイニクスクラウドエクスチェンジ
メトロコネクト
クロスコネクト

BI クラウドサービス、レンタルサービス、マネージドサービス1マネージドサービス

BI クラウドサービス

  • プライベートクラウド Vシリーズ
  • パブリッククラウド Nシリーズ powered by ニフティクラウド
  • ベアメタルサーバ
  • NAS

マネージドクラウドサービス

  • Vシリーズ
  • Nシリーズ
  • ベアメタルサーバ
  • NAS
レンタルサービスマネージドレンタルサービス
  • マネージドサービス
  • マネージドサービスプラス
機器管理運用サービス
データセンター運用サービス/サイトロックサイトロックモニタリングサービス
  • 統合運用管理サービス
  • セキュリティ対策ソリューション
  • DCO 監視サービス
  • DCO 定期作業・緊急対応サービス5
  • siteROCK監視運用サービス
  • セキュリティ監視サービス/siteROCK脆弱性診断サービス
  • オンサイトモニタリングサービス

スマートハンズ

プロフェショナルサービスITプロフェショナルサービス
システムエンジニアリングサービスシステムエンジニアリングサービス
システムインテグレーションサービスシステムインテグレーションサービス

ビットアイルのクラウドサービス、レンタルサービス、マネージドサービスは、全てマネージドサービスとして統合いたします。

ケージスペースサービスをプライベートケージ、レンタルラックサービスをセキュアキャビネットに変更します。

インターネット接続サービスは、エクイニクスコネクトになります。

ビットアイルコネクトは、現在の契約で継続してご利用いただけます。
契約満了後は、ビットアイルコネクトで契約を更新いただくか、代替製品としてエクイニクスクラウドエクスチェンジ、クロスコネクト、メトロコネクトを契約いただくことも可能となります。

5統合にあたり、DCO緊急対応サービスやDCO定期作業はスマートハンズに移行します。

ビットアイルインフォーメーションポータル(BIP)はエクイニクスカスタマーポータル(ECP)へ移行し、一部BIPの機能はECPにて継続されます。業務システム統合後より、ECPがご利用になれるようになります。


Section 2 - データセンターの名称変更

旧ビットアイルのデータセンター名が変更となりましたので、以下の表をご参照ください。

品川

  • DC1 TY6
  • DC2 TY7
  • DC3 TY8

大阪

  • Osaka DC OS99

文京

  • DC4 TY9
  • DC5 TY10

* 和文版との間に齟齬がある場合には、和文版が優先します。