製品名と説明の変更

このセクションでは、Equinix製品に関する重要な情報と、AMS1の統合完了時に製品名と説明に表示される変更について説明します。統合後、AMS1データセンターはAM11という名称で呼ばれます。

新しい製品名は、見積もり、注文書、請求書に記載されます。ここに提示されている情報のいずれかについてご不明な点や、変更に関してのご質問がある場合は、ご遠慮なく製品統合チームまでお問い合わせ下さい。

この統合プロセスの間、および、以後の通知があるまでの期間はすでにスイッチによる契約下にある製品およびサービスに対し請求される料金に変更は成されません。統合が完了すると、新しい製品とサービスの価格は、Equinixアムステルダムの標準価格と合致したものがお客様に提示されます。価格設定についてご質問があるお客様は、営業担当までお問い合わせ下さい。

International Business Exchange™(IBX™)

IBX®は、International Business Exchange™(IBX)の略語です。世界各地に200件以上の拠点を持つIBXデータセンターは、グローバルな接続を実現するための動的なコミュニティをお客様にお届けします。

Colocation - コロケーション

現在のコロケーションサービスに対する変更は、ほとんどありません。統合時に、次の場所へお客様の移行が行われます。

Current Switch product Equinix product name

Private rack cabinet
kW power and cooling capacity - power usage included

Secure Cabinet with kVA Based Power

Private rack cabinet
kW power and cooling capacity - power usage NOT included

Secure Cabinet with Metered Power kVA Based Draw Cap

Private cage
kW power and cooling capacity - power usage included

Private Cage with kVA Based Power

Private cage
kW power and cooling capacity - power usage included

Private Cage with Metered Power kVA Based Draw Cap

従量制電力とkVA

kVAを使用した電力のEquinix請求書

(i)kVA電力

Equinixシステム全体の一貫性を確実なものとするために、kW電力は、0.95の想定力率を用いてkVA単位の最大許容電力に変換されます。これはつまり、1 kWの電力と冷却能力ごとに、1.05kVAの最大許容電力が割り当てられることを意味します。たとえば、現在15 kWの電力と冷却能力をお持ちの場合、15.8kVAの最大許容電力が割り当てられます。毎月請求される月額料金に変更が加えられることはありません。

統合が完了すると、電力と冷却能力はEquinixの「kVAベースの電力」というカテゴリの製品に移行します。これにより、ケージまたはキャビネットでお客様がご使用になる電力の月額固定料金が決まります。 kVAベースの電力には、設置済みのすべての機器で一度に引き出すことができる最大負荷を意味する最大許容電力が含まれます。

(ii)従量制電力

従量制の消費電力は、Equinixの「kVAベースの最大許容電力を含む従量制電力」カテゴリの製品に移行されます。スイッチでご利用頂いた従量制電力製品と同様に、この製品では、使用可能なスペースと電力に基づいた月額固定料金を提示しますが、測定された電力消費量に基づいて電力使用料金は変動します。

kVA電力と同様に、Equinixの従量制電力製品には、設置済みのすべての機器で一度に引き出すことができる最大負荷を意味する最大許容電力が含まれます。Equinixのシステム全体で一貫性を確実なものとするため、kW電力は、0.95の想定力率を用いてkVA単位の最大許容電力に変換されます。これはつまり、1 kWの電力と冷却能力ごとに、1.05kVAの最大許容電力が割り当てられることを意味します。たとえば、現在15 kWの電力と冷却能力をお持ちの場合、15.8kVAの最大許容電力が割り当てられます。

統合が完了すると、お客様がスイッチCCCポータルにアクセスして電力使用量を閲覧することはできなくなります。電力使用量に関する情報をご希望のお客様は、カスタマーサクセスマネージャー(CSM)に問い合わせ、電力使用量レポートを取得する方法についてご相談下さい。Equinixでは、電力使用量レポートの発行には追加料金がかかります。ただし、以前スイッチをご利用頂いていたお客様には、同様のレポートをこれまで無料で発行していたため、Equinixでは、統合完了時から12か月間にわたり電力使用量レポートの料金を免除致します。

これらの電力使用量レポートは、Equinixカスタマーポータル(ECP)を介してではなく、カスタマーサクセスマネージャー(CSM)へ直接リクエストする必要がある点にご注意下さい。

Equinixクロスコネクト

Equinix Cross Connectをご利用頂くと、お客様は、同じキャンパス内のIBXデータセンター内、およびデータセンター間で互いにつながることが可能になります。何千社ものネットワークや企業、クラウド事業者、デジタルコンテンツプロバイダーに、直接アクセスすることができます。

  • 標準Cross Connectは、ローカルループ接続の代わりにプライベートピアリングと直接接続性を目的として使用することもできます。
  • プライベートパッチパネルをご利用頂くと、お客様はMeet Me Room(MMR)アーキテクチャの使用時に、Equinix IBX施設内の別の顧客に接続することができます。Cross Connectを作成するにはPPPが必要となります。
  • キャンパス Cross Connectsをご利用頂くと、お客様は、10km圏内に位置する別のEquinix IBX施設の別の顧客に接続することができます。
  • 顧客施設内 Cross Connectsをご利用頂くと、同じIBX施設内の近接していない機器に、お客様は接続できます。
  • インナーダクトをご利用頂くと、お客様はローカルファイバーネットワークからバルクファイバーをIBXに引き込むことができます。

次の表は、お客様に提示される変更内容の詳細の概要です。

Switch Datacenter Equinix Notes

Product Name

Cross Connect, Inhouse Cabling

Cross Connect, Private Patch Panel (PPP)

Campus Cross Connect will be available from AM11 to AM7

Media type

Single mode Fiber (SMF)

Single mode Fiber (SMF)

MRC

Existing MRC will continue to be charged until further notice

€100 *

Only A-side charged

NRC

Switch NRC will continue to be charged until integration

€450 Home run
€225 PPP (per connection)

Only A-side charged for Home-run
A-side and Z-side charged for PPP

Deinstall Fee

N/A

€100

Only A-side charged

Price Indexation

2%

Up to 5%

SLA Provisioning

N/A

Premium 24 hours / Plus 3 business days

AM11 will be classified as either Premium or Plus within 6 months of integration. Until then, no SLA will apply.

SLA Availability

N/A

99.99%

Cross Connectとインナーダクトに関する詳細についてはこのリソースセンターのダウンロードセクションを参照し、AM11統合通信Cross Connectとインナーダクトのプレゼンテーションを選択してください。

Equinixは、新しいEquinixデータセンターをご利用になるお客様を対象に、様々な相互接続製品を段階的に提供しています。次のリストには、お客様のIT運用のサポートとしてご利用頂ける製品を記載しています。このリストに含まれる全製品が、各IBX施設で必ずしも利用可能ではない点にご注意下さい。

  • Metro Connect(都市圏内のIBX接続性)
  • Equinixコネクト(インターネット接続性)
  • インターネットエクスチェンジ (ネットワークピアリング)
  • Equinix Cloud Exchange Fabric(クラウドプロバイダーへの1対多のゲートウェイ、IBX間接続性)

製品の詳細については、このリソースセンターのダウンロードセクションを参照してください。在庫状況については、製品統合チームまたはEquinix営業担当までお問い合わせ下さい。

エクイニクスコネクト

現在のスイッチ帯域製品は、Equinix Connectとして知られています。Equinix Connectは、Equinix IBXデータセンター内においてマネージド・デュアルホームサービスとして直接のインターネットアクセスを提供します。この製品に変更は成されません。

Equinixカスタマーサポート–SmartHands®

kVAを使用した電力のEquinix請求書

Equinix Smart Handsは、現在ご利用頂いているWarm Hands/Support Hoursサービスに代わるサービスです。 Smart Handsは、Equinix Global Service Desk(GSD)を介して、現在ご利用になっているものと同じサービスへのアクセスを提供します。これにより、24営業時間体制でサポートを提供致します。(企業サポートは、月曜日から金曜日までの8時間の営業時間内に提供されます。)

スマートハンズの消費モデルは次のとおりです。

  • アドホック制 Smart Hands–Smart Handsサービスは臨機応変に購入し、ご利用頂くことができます。
  • Smart Hands サポートプラン–月額制の時間割サービスです。月ごとのご利用とお支払いが可能です。
  • プリペイド制 Smart Hands–独立したサービスとして時間割で購入でき、12ヶ月の使用期間内に使用できるプランです。
  • 自動更新制 Smart Hands–事前に設定されたスケジュール期間に基づいて使用でき、臨機応変にご利用頂けるSmart Handsサービスです。このサービスでは、時間と資材に基づいた金額が請求されます。

サービスリクエストには2種類あります。

  • (i)トラブルチケット–これらはサービスに影響を与えるインシデントを対象としています。チケットはIBXチームに直接送信されるため、リクエストは確実に優先されます。トラブルチケットのリクエストに対し予想される応答時間は30分です。
  • (ii)Smart Hands – これらは、サービスに影響を与えないインシデントを対象とし、推定応答時間は24営業時間となっています。顧客は、迅速な対応、または24時間の時間枠内で特定の時間をリクエストすることができます。状況によっては、IBXチームの判断で利用可能な時間が変わる場合もあります。顧客からリクエストされた時間での対応が難しい場合、IBXチームにより別の時間が代替案として提示される可能性もあります。

当社では、お客様のご質問にお答えし、移行のお手伝いをします。ご不明な点がございましたら、製品統合チームまたは営業担当まで直接お問い合わせ下さい。