クラウドへの移行

EPS Cloudは、事業およびコンプライアンスの要求条件を満たし、リスクを最小化し、財務的な目標を実現するために、段階的な移行アプローチを取ります。そしてそれらすべてを継続中の業務にほとんどまたはまったく影響を及ぼさずに行います。

「リフトとシフト」、「グリーンフィールド(新規構築)」などの移行方式を組み合わせて、既存の環境と目標にあった最適なソリューションを構築します。既存システムの「リフトとシフト」では、新たな設定は限定的であり、クラウドへの移行を最も速く行うことができます。新規構築では完全なカスタマイゼーション、最新テクノロジーの導入、アプリケーションの更新、最適化されたパフォーマンスが提供されます。

移行には以下が含まれます。

  • 工程表、必要なリソース、実施項目を含む、カスタマイズされた移行ロードマップ
  • オンプレミスのデータおよびアプリケーションとのシームレスでセキュアな接続
  • 作業付加を移行先クラウドプラットフォームに移動するための専有ツールおよびパートナーテクノロジー
  • リスクを最小化し、リターンを最大化する完全なコスト透明性および定義された納入物
  • 新しい環境についての組織的な試験、プロジェクトドキュメント、トレーニングおよび知識移転

データシートをダウンロード


災害復旧

災害復旧(DR)およびハイアベイラビリティ(HA)はしばしば、インフラストラクチャチームにとって大きな頭痛の種になります。DRのための第2のサイトの運用、追加ストレージの購入、バックアップの管理とDR/HA試験の実施は、CAPEX、OPEX、時間、ツールその他のリソースについて禁止的な高コストになり得ます。残念なことに、これらのリソース問題のため、多くの組織では、事業が要求する堅牢なDR/HA計画を実施することができません。

データシートをダウンロード


クラウドエスクロー

データ移行やシステム統合は通常、M&Aまたは事業分割交渉では後回しになります。しかしながら、これらの要素は往々にして、資産移管プロセスにおける最大の頭痛の種の1つになります。売却後、事業の所有者は、2つまたはそれ以上の極度に複雑で独立したシステムが相互に情報交換できるようにするという、不可能に近い仕事を遂行しなければなりません。そのマイナス効果はしばしば全組織に及ぼすことがあります。

EPS Cloudは、最先端のクラウドプラットフォームを活用することで、M&Aや事業分割における当事者双方と協力し、中立ゾーンであるエスクロー的な環境を構築して、事業取引の完了時には、売り手から買い手へのシームレスかつセキュアな移管を実現します。

データシートをダウンロード

では、始めましょう。

今すぐEPS Cloudソリューションの専門家にお問い合わせください

お問い合わせ

または電話:+1.212.202.5800


効果的な、2日間のクラウドワークショップ

当社の効果的な2日間のワークショップで、クラウドへの旅に向けてロードマップを策定し、御社独自の戦略を設計してください。

関連リソース

データシート

ハイブリッドクラウドへの移行

クラウド向けエクイニクスプロフェショナルサービス (EPS Cloud)は、移行プロセスをシンプル、シームレス、かつストレスのないものにします。当社は、事業およびコンプライアンスの要求条件を満たし、リスクを最小化し、財務的な目標を実現するために、段階的なアプローチを取ります。

データシート

災害復旧データシート

EPS Cloudが、クラウドへのDR/HA業務の移行を容易にします。当社のソリューションは冗長性を構築するので、企業は最悪の事態が発生しても事業の中断やデータの損失から自社を守ることができます。

導入事例

EPS Cloud Hybrid Cloud Case Study - YES Network

米国のケーブルおよび衛星テレビネットワークは、EPS Cloudを雇ってアーカイブされている年代物のビデオを検索/使用するインフラストラクチャを構築しました。

Twitter

この内容をシェアする

Facebook LinkedIn Google+ Twitter 追加する

お問い合わせ:

Reach us by Phone

電話でのお問い合せは
営業:+81.3.6402.6970
サポート:+81.3.4520.8118

+81.3.6402.6970
お問い合わせ