相互接続された企業の競争力

今日の日々進化するデジタル経済において成長を推進するためには、組織はITのアーキテクチャを再設計し、主要サービスプロバイダーやエンドユーザーとのポイントオブエンゲージメント、すなわちエッジにおけるインターコネクションを実現する必要があります。次世代のアーキテクチャによって、新しい製品やサービス、新しいグローバル市場への進出、新規のデジタル、ソーシャル、モバイルにたけた消費者を獲得できます。

概要:

  • 世界にわたるIT展開の中で、企業がこれらの新たなビジネスチャンスと「どこで」相互接続すればよいかを説明します。
  • 価値の創造は、顧客やパートナーとのポイントオブエンゲージメントで行われ、ポイントオブエンゲージメントがエッジを定義します。
  • アプリケーション、サービス、データの統合や中央集中化に関する従来の主張は今や時代遅れです。

組織のエッジは、供給者から消費者への移転が行われる所です。消費者はここで、接触した際のやり取りや経験で企業を評価し、意思決定は殆どの場合、継続的なビジネス関係や忠誠心によって行われます。

ダウンロードリクエスト:

関連リソース

アナリストレポート

ガートナーレポート:コロケーションネットワーキング

ガートナーは、企業がコロケーションネットワーキング(単一の施設内でさまざまな接続を集結)を活用し、いかにクラウドプロバイダー、コンテンツプロバイダー、通信事業者がすでに享受しているものと同じクラウドのメリットを達成することができるかを説明しています。コロケーションネットワーキングによって、企業は優れた...

導入事例

CDMスミス社

世界に160箇所の事務所を構えるコンサルティング、エンジニアリング 事業会社であるCDM Smithは、エクイニクスの協力のもと、それまでのアーキテクチャを転換し、ハイパフォーマンスグローバルネットワークを構築しました。その結果、パフォーマンス、セキュリティ、総合的なROIを含む、多くのレベルにおいて大幅なビジネス上のメリットを...

ホワイトペーパー

不可能を可能に変える

Enterprises are waking up to the fact that legacy architecture is the root cause of persistent IT problems. This whitepaper shows how forward thinking organizations are leveraging new architectures, with interconnection at their core, giving them the ability to solve a range of those problems all...

Twitter

この内容をシェアする

Facebook LinkedIn Google+ Twitter 追加する

お問い合わせ:

Reach us by Phone

電話でのお問い合せは
営業:+81.3.6402.6970
サポート:+81.3.4520.8118

+81.3.6402.6970
お問い合わせ