相互接続された企業になる


なぜ今、企業は相互接続されるべきなのか?その理由と方法
このインフォペーパーは、相互接続された企業になるための方法を、その課題や戦略、ならびにエクイニクスがそれらをいかにシームレスに機能させることができるかを含め、わかりやすく図示しています。いかにビジネスチャンスを見つけ出し、相互接続ポイントを拡大し、高速かつセキュアな接続で、密度の高いエコシステムを活用することで、エンドユーザにこれまでにない力を提供できるかをご理解いただけるでしょう。

ハイライト

  • 相互接続ポイントを拡張することで、柔軟性、セキュリティ、選択肢、速度、規模を強化することができます。
  • 将来、人との交流のデジタル化は進み、そしてモバイルデバイス、ソーシャルメディア、解析、クラウドがビジネスに大きく影響することになります。この状況変化の中で、企業は従業員、パートナー、顧客といかに相互接続するかを根本的に再考する必要があります。
  • エコシステムを活用することで、強力な接続を実現し、顧客の選択肢を利用するなど、多くのメリットを得ることができます。
  • エクイニクスは、企業がリアルタイムで反応できるために必要な、直接相互接続を提供します。

インターコネクション時代では、ビジネスルールも変化します。企業は単独で価値を創造することができなくなり、価値を創造するコミュニティを形成するため、 n 対 n の相互接続が必要になります。

アクセスの申し込み:

関連リソース

アナリストレポート

ガートナーレポート:コロケーションネットワーキング

ガートナーは、企業がコロケーションネットワーキング(単一の施設内でさまざまな接続を集結)を活用し、いかにクラウドプロバイダー、コンテンツプロバイダー、通信事業者がすでに享受しているものと同じクラウドのメリットを達成することができるかを説明しています。コロケーションネットワーキングによって、企業は優れた...

導入事例

CDMスミス社

世界に160箇所の事務所を構えるコンサルティング、エンジニアリング 事業会社であるCDM Smithは、エクイニクスの協力のもと、それまでのアーキテクチャを転換し、ハイパフォーマンスグローバルネットワークを構築しました。その結果、パフォーマンス、セキュリティ、総合的なROIを含む、多くのレベルにおいて大幅なビジネス上のメリットを...

メディア

Performance Hub eBook

自社のビジネスを加速させることをお求めですか?それには、ネットワークのパフォーマンスが鍵を握っています。しかし、何が最適なアプローチなのでしょうか?このeBookでは、現在の企業ネットワークを検証し、将来に必要な要件を考察します。また、様々なヒントやトレンドを提示し、Equinix Performance Hub™ が...

Twitter

この内容をシェアする

Facebook LinkedIn Google+ Twitter 追加する

お問い合わせ:

Reach us by Phone

電話でのお問い合せは
営業:+81.3.6402.6970
サポート:+81.3.4520.8118

+81.3.6402.6970
お問い合わせ