ガートナーレポート:コロケーションのネットワークおよび接続性

Gartner outlines how enterprises can employ colocation networking – the bringing together of various connections in one facility – to achieve the same cloud benefits that cloud providers, content providers and carriers already enjoy. With colocation networking, enterprises can realize superior flexibility, resiliency and cost reduction. This report covers the three facets to colocation networking — Ethernet-based access, intracolocation and intercolocation — and how your enterprise can gain a competitive advantage through their implementation.


ハイライト

  • Solve the last-mile problem via Ethernet
  • Use intracolocation networking to enable peering, and direct cloud connection
  • Implement intercolocation access to reduce WAN costs, latency and improve availability

Models that include consolidated access, exchange point switching, and a mesh of competitive interconnections offer the same architectural and technical benefits used by cloud providers, content providers, and carriers to reduce costs and latency while adding functionality and flexibility.

ダウンロードリクエスト:

関連リソース

導入事例

CDMスミス社

世界に160箇所の事務所を構えるコンサルティング、エンジニアリング 事業会社であるCDM Smithは、エクイニクスの協力のもと、それまでのアーキテクチャを転換し、ハイパフォーマンスグローバルネットワークを構築しました。その結果、パフォーマンス、セキュリティ、総合的なROIを含む、多くのレベルにおいて大幅なビジネス上のメリットを実現しています。この成功事例を是非ご一読ください。

メディア

Performance Hub eBook

ビジネスを加速したいですか?それには、ネットワークのパフォーマンスが鍵を握っています。しかし、何が最適なアプローチなのでしょうか?このeBookでは、現在の企業ネットワークを検証し、将来に必要な要件を検証します。また、様々なヒントやトレンドを提示し、Equinix Performance Hub™ が貴社のネットワークを次のレベルにシームレスに、またスムーズに移行する方法を見いだせます。

インフォペーパー

相互接続された企業になる


なぜ今、企業は相互接続されるべきなのか?その理由と方法
このインフォペーパーは、相互接続された企業になるための方法を、その課題や戦略、ならびにエクイニクスがそれらをいかにシームレスに機能させることができるかを含め、わかりやすく図示しています。いかにビジネスチャンスを見つけ出し、相互接続ポイントを拡大し、高速かつセキュアな接続で、密度の高いエコシステムを活用することで、エンドユーザにこれまでにない力を提供できるかをご理解いただけるでしょう。

Twitter

この内容をシェアする

Facebook LinkedIn Google+ Twitter 追加する

お問い合わせ:

お問い合わせ

電話でのお問い合せは
営業:+81.3.6402.6970
サポート:+81.3.4520.8118

+81.3.6402.6970
お問い合わせ