SoftLayer Cloud Platform

IBMが提供するSoftLayerは、新興企業からグローバル企業まで、全域の顧客にサービスとしてのインフラストラクチャサービス(IaaS)を提供しています。SoftLayerのモジュラーアーキテクチャは、ベアメタル、仮想サーバー、SAN/NASストレージ、管理、世界にわたる高速プライベートネットワークを活用して、セキュアで拡張性があり、低レイテンシーのデータ転送を行う、柔軟な統合プラットフォームを提供しています。

EQ_IMG_Partners_SoftLayer_Diagram_540x500

企業のための高信頼性、プライベートクラウドインフラ

SoftLayerのプライベート相互接続サービスであるDirect Linkは、顧客企業の社内ネットワークまたはプライベートデータセンターをSoftLayerクラウドプラットフォームへ接続します。現在、SoftwLayer Direct Link経由で世界10か所のEquinix International Business Exchange™(IBX®)データセンターに接続できます。Equinix Cloud Exchange™ からSoftLayerのDirect Linkを経由した仮想接続をご利用いただけます。EquinixとSoftLayer Direct Linkとのプライベート接続を活用することによって、SoftLayerプラットフォームへのセキュアで予測可能な拡張性のあるネットワーク可用性を確保することができます。

企業インフラの延長

IBM SoftLayerプラットフォームは、ベアメタルまたは仮想化サーバー、SAN/NASストレージ、ネットワーク、ソフトウェア、管理ツールを含むIaaSソリューションです。企業データセンターとセキュアに高信頼性をもって統合される高いパフォーマンスのコンピューティングおよびストレージ機能を提供します。このユニークなアプローチによって、企業のCIOは新たなデータセンターの建設に伴うコストやロジスティクスの課題なしに変化するビジネスニーズに迅速に対応することができます。

EQ_IMG_Partners_SoftLayer_img2_380x380

SoftLayer Platformの主な特徴

クラウドサーバー − 単一のシームレスなプラットフォームによる強力なベアメタルおよび仮想化サーバー

  • ベアメタルおよび仮想化サーバー - 固定設定を利用して数分で、またはAPIもしくはIBM SofLayerポータルを使用して2~4時間でスピンアップベアメタルを展開。パフォーマンスの最適化や管理がしやすい完全統合されたプラットフォーム。
  • SAN/NAS- ネットワークストレージ、CDN、バックアップ。

ネットワーク - Direct Link、ドメインサービス、ネットワークアプライアンス、ロードバランシング。エクイニクスのお客様は、次の接続速度をご利用いただけます:

  • 1 Gbpsまたは10 Gbpsの接続を提供するIBM SoftLayer Direct Linkクロスコネクト。
  • 1Gbps/10Gbpsポート経由の200Mbps、500Mbps、1Gbpsまたは10Gbps仮想接続を含むスケーラブルな範囲にわたる、Equinix Ethernet Exchange経由の仮想接続。

マネジメント - ホスティング、管理、制御、レポートツール。

導入

IBM SoftLayerおよび既存の構内インフラ、またはエクイニクスコロケーション環境内に設置された専用企業データセンター間のプライベート接続の構築。

  1. エクイニクスの既存のグローバルインフラを活用して、専用データセンター設備および付帯システムの構築および運用コストを排除。
  2. ネットワークコストの削減を1,100以上のキャリアやネットワークプロバイダーへのアクセスを活用して実現。
  3. エクイニクスデータセンター内で、IBM SoftLayerならびにその他の広範囲にわたるエコシステムパートナーへの迅速、セキュア、高い信頼性のアクセスを行うノードの構築。

IBM SoftLayer PlatformとEquinix Cloud Exchangeを組み合わせるメリット

Equinix Cloud Exchange経由でIBM SoftLayerへアクセスすると、高速で低レイテンシー、セキュアで安定的な接続が実現し、ハイブリッドクラウドアーキテクチャを使用するアプリケーションのパフォーマンスを向上することができます。洗練され、かつ管理しやすいハイブリッドクラウドソリューションによって、IBM SoftLayer、ネットワークサービスプロバイダー、企業ITへのバーチャル接続を構築します。

その他の機能:

  • 障害復旧および事業継続性確保のための頻繁で大量のバックアップおよびストレージ - 高速、安定的、信頼性の高い転送。
  • 高度にセキュアなデータ - パブリックネットワークにはまったく介しません。
  • アプリケーションの実行 - インフラおよびネットワークを必要に応じて拡張し、最も要求条件が過酷な作業負荷を取り扱うことができます。

Equinix Cloud Exchangeは、クラウドおよびネットワークサービスプロバイダーとそのサービス利用企業を一堂に集めることで、プライベートでハイパフォーマンスな相互接続を実現し、高度なクラウドソリューションを構築するために必要なサービスへの直接アクセスを実現します。 

可用性

北米、ヨーロッパ、アジア・パシフィック(シカゴ、ダラス、シリコンバレー、ワシントンDC、アムステルダム、パリ、シンガポール、シドニー、東京)のEquinix Cloud Exchange経由でSoftLayerクラウドプラットフォームへアクセスできます。

SG3 - シンガポールIBXデータセンター

シンガポールSG3コロケーションおよびデータセンターは、アジア・パシフィック地域のネットワークオペレーションセンター(NOC)の拠点となっており、世界で3つのGRXピアリングポイントの1つにアクセスできるIX(インターネットエクスチェンジ)です。

SG2 - シンガポールIBXデータセンター

Pioneer Walkに所在するシンガポールSG2コロケーションおよびデータセンターは、アジア・パシフィック地域オペレーションセンターの拠点となっており、世界の3つのGRXピアリングポイントの1つにアクセスできるインターネットエクスチェンジポイントです。

SG1 - シンガポールIBXデータセンター

Ayer Rajahに所在するシンガポールSG1コロケーションセンターおよびデータセンターは、アジア・パシフィック地域のネットワークオペレーションセンター(NOC)の拠点となっており、世界の3つのGRXピアリングポイントの1つにアクセスできるインターネットエクスチェンジポイントです。

DC11 - ワシントンDC IBXデータセンター

EquinixのワシントンDCのDC11におけるコロケーションサービスは、最大レベルのインターネット エクスチェンジ ポイントであり、一部施設は、LEEDおよびSSAE16 SOC-1 Type II認証を取得しています。

DC10 - ワシントンDC IBXデータセンター

EquinixのワシントンDCのDC10におけるコロケーションサービスは、世界最大レベルのインターネット エクスチェンジ ポイントであり、一部施設は、LEEDおよびSSAE16 SOC-1 Type II認証を取得しています。

DC8 - ワシントンDC IBXデータセンター

EquinixのワシントンDCのDC8におけるコロケーションサービスは、世界最大レベルのインターネット エクスチェンジ ポイントであり、一部施設は、LEEDおよびSSAE16 SOC-1 Type II認証を取得しています。

DC7 - ワシントンDC IBXデータセンター

EquinixのワシントンDCのDC7におけるコロケーションサービスは、世界最大レベルのインターネット エクスチェンジ ポイントであり、一部施設は、LEEDおよびSSAE16 SOC-1 Type II認証を取得しています。

DC6 - ワシントンDC IBXデータセンター

EquinixのワシントンDCのDC6におけるコロケーションサービスは、最大レベルのインターネット エクスチェンジ ポイントであり、一部施設は、LEEDおよびSSAE16 SOC-1 Type II認証を取得しています。

DC5 - ワシントンDC IBXデータセンター

EquinixのワシントンDCのDC5におけるコロケーションサービスは、世界最大レベルのインターネット エクスチェンジ ポイントであり、一部施設は、LEEDおよびSSAE16 SOC-1 Type II認証を取得しています。

DC4 - ワシントンDC IBXデータセンター

EquinixのワシントンDCのDC4におけるコロケーションサービスは、世界最大レベルのインターネット エクスチェンジ ポイントであり、一部施設は、LEEDおよびSSAE16 SOC-1 Type II認証を取得しています。

DC3 - ワシントンDC IBXデータセンター

EquinixのワシントンDCのDC3におけるコロケーションサービスは、世界最大レベルのインターネット エクスチェンジ ポイントであり、一部施設は、LEEDおよびSSAE16 SOC-1 Type II認証を取得しています。

DC2 - ワシントンDC IBXデータセンター

EquinixのワシントンDCのDC2におけるコロケーションサービスは、世界最大レベルのインターネット エクスチェンジ ポイントであり、一部施設は、LEEDおよびSSAE16 SOC-1 Type II認証を取得しています。

DC1 - ワシントンDC IBXデータセンター

エクイニクスのワシントンDCのDC1におけるコロケーションおよびデータセンターサービスは、Carpathia準拠のマネージドホスティング、ティア3のエンタープライズ向け仮想プライベートクラウド、Rackspace Cloud Private Editionを提供します。

SV8 - シリコンバレーIBXデータセンター

エクイニクスのIBXシリコンバレーデータセンターSV8は、世界最大のハイテク企業やピアリングハブの集結地へのサービスを、重要な金融およびグローバル企業のエコシステムへのアクセスと共に提供しています。

SV6 - シリコンバレーIBXデータセンター

エクイニクスのIBXシリコンバレーデータセンターSV6は、世界最大のハイテク企業やピアリングハブの集結地へのサービスを、重要な金融およびグローバル企業のエコシステムへのアクセスと共に提供しています。

SV5 - シリコンバレーIBXデータセンター

エクイニクスのIBXシリコンバレーデータセンターSV5は、世界最大のハイテク企業やピアリングハブの集結地へのサービスを、重要な金融およびグローバル企業のエコシステムへのアクセスと共に提供しています。

SV4 - シリコンバレーIBXデータセンター

エクイニクスのIBXシリコンバレーデータセンターSV4は、世界最大のハイテク企業やピアリングハブの集結地へのサービスを、重要な金融およびグローバル企業のエコシステムへのアクセスと共に提供しています。

SV3 - シリコンバレーIBXデータセンター

エクイニクスのIBXシリコンバレーデータセンターSV3は、世界最大のハイテク企業やピアリングハブの集結地へのサービスを、重要な金融およびグローバル企業のエコシステムへのアクセスと共に提供しています。

SV2 - シリコンバレーIBXデータセンター

エクイニクスのIBXシリコンバレーデータセンターSV2は、世界最大のハイテク企業やピアリングハブの集結地へのサービスを、重要な金融およびグローバル企業のエコシステムへのアクセスと共に提供しています。

SV1 - シリコンバレーIBXデータセンター

エクイニクスのIBXシリコンバレーデータセンターSV1は、RightScaleのハイブリッドクラウド、NetAppのプライベートストレージ、Carpathiaの規格準拠のマネージドホスティングサービスを提供しています。

TY5 - 東京IBXデータセンター

戦略的に東京に位置するエクイニクスTY 5は、主要なネットワーク、金融サービスおよび他のパートナーへのアクセスを提供しています。

TY4 - 東京IBXデータセンター

東京のTY4データセンターおよび IX ポイントは、主要なインターネットエクスチェンジ、証券取引所、金融サービスパートナーへの直接アクセスを提供します。

TY3 - 東京IBXデータセンター

東京のTY3データセンターおよび IX ポイントは、主要なインターネットエクスチェンジ、証券取引所、金融サービスパートナーへの直接アクセスを提供します。

TY2 - 東京IBXデータセンター

東京のTY2データセンターおよび IX ポイントは、主要なインターネットエクスチェンジ、証券取引所、金融サービスパートナーへの直接アクセスを提供します。

TY1 - 東京IBXデータセンター

東京のTY1データセンターおよび IX ポイントは、主要なインターネットエクスチェンジ、証券取引所、金融サービスパートナーへの直接アクセスを提供します。

PA7 - パリ IBX データセンター

PA7は、パリのエクイニクスでコロケーションしている275社以上の企業とのインターコネクションを提供しています。

PA6 - パリ IBX データセンター

PA6は、パリのエクイニクスでコロケーションしている275社以上の企業とのインターコネクションを提供しています。

PA5 - パリ IBX データセンター

PA5は、パリのエクイニクスでコロケーションしている275社以上の企業とのインターコネクションを提供しています。

PA4 - パリ IBX データセンター

パリのPA4 IBXデータセンターおよびインターコネクションサービスは、ヨーロッパにおける主導的なエンタープライズビジネスハブによって、世界中にわたる新しい収益チャネルへのアクセスを可能にします。

PA3 - パリ IBX データセンター

パリのサン・ドニにあるPA2およびPA3データセンターおよびインターコネクションサービスは、ヨーロッパにおける主導的なエンタープライズビジネスハブによって、世界中にわたる新しい収益チャネルへのアクセスを可能にします。

PA2 - パリ IBX データセンター

パリのサン・ドニにあるPA2およびPA3データセンターおよびインターコネクションサービスは、ヨーロッパにおける主導的なエンタープライズビジネスハブによって、世界中にわたる新しい収益チャネルへのアクセスを可能にします。

PA1 - パリ IBX データセンター

パリのロワシーに所在するPA1データセンターおよびインターコネクションサービスは、ヨーロッパにおける主導的なエンタープライズビジネスハブによって、世界中にわたる新しい収益チャネルへのアクセスを可能にします。

DA7 - ダラスIBXデータセンター

ダラス都市圏における当社最新の拠点であるDA7は、企業が相互接続インフラの主要コンポーネントを配備する最新の戦略施設です。

DA6 - ダラスIBXデータセンター

ダラスのDA6International Business Exchange(IBX)データセンターは、仮想化およびクラウドソリューションの配備を加速させ、拡大するビジネスエコシステムを支えています。

DA4 - ダラスIBXデータセンター

ダラスのDA4データセンターおよびInternational Business Exchange(IBX)は、仮想化およびクラウドソリューションを急速に配備して拡大する企業エコシステムを支えています。

DA3 - ダラスIBXデータセンター

エクイニクスの当初からのInternational Business Exchange施設の1つであるダラスデータセンターDA3は、世界トップクラスのコロケーションサービスによって多くの通信事業者にサービスを提供しています。

DA2 - ダラスIBXデータセンター

エクイニクスの当初からのInternational Business Exchange施設の1つであるダラスデータセンターDA2は、世界トップクラスのコロケーションサービスによって多くの通信事業者にサービスを提供しています。

DA1 - ダラスIBXデータセンター

エクイニクスの当初からのInternational Business Exchange施設の1つであるダラスデータセンターDA1は、世界トップクラスのコロケーションサービスによって多くの通信事業者にサービスを提供しています。

CH4 - シカゴIBXデータセンター

世界トップ10のグローバル金融センターの1つに立地しているエクイニクスのシカゴデータセンターCH4は、パフォーマンスを強化し、レイテンシー目標を管理する相互接続サービスを提供しています。

CH3 - シカゴIBXデータセンター

世界トップ10のグローバル金融センターの1つに立地しているエクイニクスのシカゴデータセンターCH3は、パフォーマンスを強化し、レイテンシー目標を管理する相互接続サービスを提供しています。

CH2 - シカゴIBXデータセンター

世界トップ10のグローバル金融センターの1つに立地しているエクイニクスのシカゴデータセンターCH2は、パフォーマンスを強化し、レイテンシー目標を管理する相互接続サービスを提供しています。

CH1 - シカゴIBXデータセンター

世界トップ10のグローバル金融センターの1つに立地しているエクイニクスのシカゴデータセンターCH1は、パフォーマンスを強化し、レイテンシー目標を管理する相互接続サービスを提供しています。

AM8 - アムステルダムIBXデータセンター

AM8は、最高の場所である市の中心地に位置しており、活況を呈しているキャリアニュートラルのデジタルエコシステムへの接続を提供しています。

AM7 - アムステルダムIBXデータセンター

AM7は、最高の場所である市の中心地に位置しており、活況を呈しているキャリアニュートラルのデジタルエコシステムへの接続を提供しています。

AM6 - アムステルダムIBXデータセンター

AM6は、最高の場所である市の中心地に位置しており、活況を呈しているキャリアニュートラルのデジタルエコシステムへの接続を提供しています。

AM5 - アムステルダムIBXデータセンター

AM5は、最高の場所である市の中心地に位置しており、活況を呈しているキャリアニュートラルのデジタルエコシステムへの接続を提供しています。

AM3 - アムステルダムIBXデータセンター

アムステルダムのAM3データセンターおよびインターネットエクスチェンジポイントは、Science Parkに所在しており、ミッションクリティカルな相互接続およびコロケーションサービスに適した重要なピアリング機会を提供しています。

AM2 - アムステルダムIBXデータセンター

アムステルダムのAM1とAM2データセンターおよびインターネットエクスチェンジポイントは、Laarderhoogtwegに所在しており、ミッションクリティカルなインターコネクションおよびコロケーションサービスに適した重要なピアリング機会を提供しています。

AM1 - アムステルダムIBXデータセンター

アムステルダムのAM1とAM2データセンターおよびインターネットエクスチェンジポイントは、Laarderhoogtwegに所在しており、ミッションクリティカルなインターコネクションおよびコロケーションサービスに適した重要なピアリング機会を提供しています。

SY4 - シドニーIBXデータセンター

シドニー中心業務地区近くに立地し、サザンクロスケーブルヘッドにアクセスできるEquinixスシドニーSY4コロケーションサービスは、オーストラリアおよびアジア・パシフィック地域における広範にわたるネットワークインターコネクションを提供しています。

SY3 - シドニーIBXデータセンター

シドニー中心業務地区近くに立地し、サザンクロスケーブルヘッドにアクセスできるEquinixスシドニーSY3コロケーションサービスは、オーストラリアおよびアジア・パシフィック地域における広範にわたるネットワークインターコネクションを提供しています。

SY2 - シドニーIBXデータセンター

シドニー中心業務地区近くに立地し、サザンクロスケーブルヘッドにアクセスできるEquinixスシドニーSY2コロケーションサービスは、オーストラリアおよびアジア・パシフィック地域における広範にわたるネットワークインターコネクションを提供しています。

SY1 - シドニーIBXデータセンター

中心業務地区近くに立地し、サザンクロスケーブルヘッドにアクセスできるシドニーSY1コロケーションサービスは、オーストラリアおよびアジア・パシフィック地域における広範にわたるネットワークインターコネクションを提供しています。

EQ_IMG_Partners_Platform-Page_SoftLayer_300x180

SoftLayerおよびエクイニクスの続きを読む

EquinixおよびSoftLayerがいかに世界中のSoftLayerデータセンター、顧客企業の社内施設におけるまたはEquinix IBXデータセンター内に展開しているデータセンター間でプライベートネットワークを提供できるかについての詳細は、コンタクトフォームにご記入いただくか、お客様担当のアカウントマネージャーまたは電子メールにてSoftLayerSolutions@Equinix.comまでお問い合わせください。

 

関連リソース

データシート

SoftLayer Cloud Platform

Equinixをご利用のお客様は、自社内のネットワークまたはプライベートデータセンターをSoftLayerプラットフォームに接続することを可能にする、市場をリードするプライベート相互接続サービス"SoftLayer Direct Link"を活用することで、SoftLayerへのプライベートまたはハイブリッドクラウド戦略を迅速かつ簡単に導入することができます。(英語)

データシート

SoftLayer Cloud Platformに関する、よくある質問

SoftLayer Cloud PlatformおよびEquinix Cloud Exchangeに関するよくある質問 (英語)

ビデオ

Equinix Cloud Exchangeの概要

Equinix Cloud Exchangeは、世界21箇所以上の都市で提供されており、様々なクラウドとネットワークにシームレスかつオンデマンドな直接接続を提供する、高度な相互接続ソリューションです。

Twitter

この内容をシェアする

Facebook LinkedIn Google+ Twitter 追加する

お問い合わせ:

お問い合わせ

電話でのお問い合せは
営業:+81.3.6402.6970
サポート:+81.3.4520.8118

+81.3.6402.6970
お問い合わせ