Oracle Cloud

エクイニクスは現在、米国、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアにおける6都市圏において、直接接続またはEquinix Cloud Exchange経由でOracle Cloudへのアクセスを提供しています。これらのエクイニクスIBXデータセンター内に拠点を置くエクイニクスのお客様は、Oracle Cloudへの高パフォーマンスプライベートアクセスを実現するOracleのFastConnectをご利用になれます。

Oracle Cloud
 

接続とスピード

  • Equinix Cloud Exchange経由のバーチャル接続
  • Oracle FastConnectサービスは、シカゴ、ワシントンDC、ロンドン、アムステルダム、シンガポール、シドニーでご利用になれます。

メリット

  • Equinix Cloud Exchangeは、データベースサービス、データベースバックアップサービス、ビッグデータサービス、Exadataサービス、コンピューティングサービス、ストレージサービスと言ったOracle Cloudの一連のPaaSへのプライベート接続を最適化。
  • アプリケーションやワークロードをクラウドと施設内環境の間で迅速に簡単に移動可能。
  • 施設内/プライベートクラウドおよびOracleのパブリッククラウド間での共通アーキテクチャ。
  • データ量およびアーキテクチャによって最大10倍のコストを削減。
  • データベース同期またはデータベースバックアップなどの大量データの移動のための高速接続。
  • データベース、Java、統合、アナリティクス、コンピューティング、ストレージなどの20種以上にわたるOracle Cloud PaaSおよびIaaSサービスへのアクセス。
  • コロケーションを行っているプライベートクラウドから共通のエクイニクスデータセンター内、または社内施設から参加ネットワークサービスプロバイダー経由でOracle Cloudへ直接接続。
  • Establish private peering sessions with Oracle using the same methods your business would use with public sessions.

Oracle Cloud Connect 提供拠点



SG3 - シンガポールIBXデータセンター

シンガポールSG3コロケーションおよびデータセンターは、アジア・パシフィック地域のネットワークオペレーションセンター(NOC)の拠点となっており、世界で3つのGRXピアリングポイントの1つにアクセスできるIX(インターネットエクスチェンジ)です。

SG2 - シンガポールIBXデータセンター

Pioneer Walkに所在するシンガポールSG2コロケーションおよびデータセンターは、アジア・パシフィック地域オペレーションセンターの拠点となっており、世界の3つのGRXピアリングポイントの1つにアクセスできるインターネットエクスチェンジポイントです。

SG1 - シンガポールIBXデータセンター

Ayer Rajahに所在するシンガポールSG1コロケーションセンターおよびデータセンターは、アジア・パシフィック地域のネットワークオペレーションセンター(NOC)の拠点となっており、世界の3つのGRXピアリングポイントの1つにアクセスできるインターネットエクスチェンジポイントです。

DC11 - ワシントンDC IBXデータセンター

EquinixのワシントンDCのDC11におけるコロケーションサービスは、最大レベルのインターネット エクスチェンジ ポイントであり、一部施設は、LEEDおよびSSAE16 SOC-1 Type II認証を取得しています。

DC10 - ワシントンDC IBXデータセンター

EquinixのワシントンDCのDC10におけるコロケーションサービスは、世界最大レベルのインターネット エクスチェンジ ポイントであり、一部施設は、LEEDおよびSSAE16 SOC-1 Type II認証を取得しています。

DC8 - ワシントンDC IBXデータセンター

EquinixのワシントンDCのDC8におけるコロケーションサービスは、世界最大レベルのインターネット エクスチェンジ ポイントであり、一部施設は、LEEDおよびSSAE16 SOC-1 Type II認証を取得しています。

DC7 - ワシントンDC IBXデータセンター

EquinixのワシントンDCのDC7におけるコロケーションサービスは、世界最大レベルのインターネット エクスチェンジ ポイントであり、一部施設は、LEEDおよびSSAE16 SOC-1 Type II認証を取得しています。

DC6 - ワシントンDC IBXデータセンター

EquinixのワシントンDCのDC6におけるコロケーションサービスは、最大レベルのインターネット エクスチェンジ ポイントであり、一部施設は、LEEDおよびSSAE16 SOC-1 Type II認証を取得しています。

DC5 - ワシントンDC IBXデータセンター

EquinixのワシントンDCのDC5におけるコロケーションサービスは、世界最大レベルのインターネット エクスチェンジ ポイントであり、一部施設は、LEEDおよびSSAE16 SOC-1 Type II認証を取得しています。

DC4 - ワシントンDC IBXデータセンター

EquinixのワシントンDCのDC4におけるコロケーションサービスは、世界最大レベルのインターネット エクスチェンジ ポイントであり、一部施設は、LEEDおよびSSAE16 SOC-1 Type II認証を取得しています。

DC3 - ワシントンDC IBXデータセンター

EquinixのワシントンDCのDC3におけるコロケーションサービスは、世界最大レベルのインターネット エクスチェンジ ポイントであり、一部施設は、LEEDおよびSSAE16 SOC-1 Type II認証を取得しています。

DC2 - ワシントンDC IBXデータセンター

EquinixのワシントンDCのDC2におけるコロケーションサービスは、世界最大レベルのインターネット エクスチェンジ ポイントであり、一部施設は、LEEDおよびSSAE16 SOC-1 Type II認証を取得しています。

DC1 - ワシントンDC IBXデータセンター

エクイニクスのワシントンDCのDC1におけるコロケーションおよびデータセンターサービスは、Carpathia準拠のマネージドホスティング、ティア3のエンタープライズ向け仮想プライベートクラウド、Rackspace Cloud Private Editionを提供します。

CH4 - シカゴIBXデータセンター

世界トップ10のグローバル金融センターの1つに立地しているエクイニクスのシカゴデータセンターCH4は、パフォーマンスを強化し、レイテンシー目標を管理する相互接続サービスを提供しています。

CH3 - シカゴIBXデータセンター

世界トップ10のグローバル金融センターの1つに立地しているエクイニクスのシカゴデータセンターCH3は、パフォーマンスを強化し、レイテンシー目標を管理する相互接続サービスを提供しています。

CH2 - シカゴIBXデータセンター

世界トップ10のグローバル金融センターの1つに立地しているエクイニクスのシカゴデータセンターCH2は、パフォーマンスを強化し、レイテンシー目標を管理する相互接続サービスを提供しています。

CH1 - シカゴIBXデータセンター

世界トップ10のグローバル金融センターの1つに立地しているエクイニクスのシカゴデータセンターCH1は、パフォーマンスを強化し、レイテンシー目標を管理する相互接続サービスを提供しています。

AM8 - アムステルダムIBXデータセンター

AM8は、最高の場所である市の中心地に位置しており、活況を呈しているキャリアニュートラルのデジタルエコシステムへの接続を提供しています。

AM7 - アムステルダムIBXデータセンター

AM7は、最高の場所である市の中心地に位置しており、活況を呈しているキャリアニュートラルのデジタルエコシステムへの接続を提供しています。

AM6 - アムステルダムIBXデータセンター

AM6は、最高の場所である市の中心地に位置しており、活況を呈しているキャリアニュートラルのデジタルエコシステムへの接続を提供しています。

AM5 - アムステルダムIBXデータセンター

AM5は、最高の場所である市の中心地に位置しており、活況を呈しているキャリアニュートラルのデジタルエコシステムへの接続を提供しています。

AM3 - アムステルダムIBXデータセンター

アムステルダムのAM3データセンターおよびインターネットエクスチェンジポイントは、Science Parkに所在しており、ミッションクリティカルな相互接続およびコロケーションサービスに適した重要なピアリング機会を提供しています。

AM2 - アムステルダムIBXデータセンター

アムステルダムのAM1とAM2データセンターおよびインターネットエクスチェンジポイントは、Laarderhoogtwegに所在しており、ミッションクリティカルなインターコネクションおよびコロケーションサービスに適した重要なピアリング機会を提供しています。

AM1 - アムステルダムIBXデータセンター

アムステルダムのAM1とAM2データセンターおよびインターネットエクスチェンジポイントは、Laarderhoogtwegに所在しており、ミッションクリティカルなインターコネクションおよびコロケーションサービスに適した重要なピアリング機会を提供しています。

LD9 - ロンドンIBXデータセンター

LD9は、金融サービス、インターネットサービスプロバイダ、クラウドおよび ITサービス、エンタープライズならびにコンテンツおよびデジタル メディア企業の高密度な企業群へのアクセスを提供しています。

LD8 - ロンドンIBXデータセンター

LD8は、金融サービス、インターネットサービスプロバイダ、クラウドおよび ITサービス、エンタープライズならびにコンテンツおよびデジタル メディア企業の高密度な企業群へのアクセスを提供しています。

LD6 - ロンドンIBXデータセンター

スラウ商業団地(Slough Trading Estate)に所在するロンドンLD6 IBX施設とインターネットエクスチェンジポイントは、ネットワークエクスチェンジサービスの需要を満たす広範囲にわたるエコシステムを提供し、国際ビジネスに着目しています。

LD5 - ロンドンIBXデータセンター

スラウ商業団地(Slough Trading Estate)に所在するロンドンLD5 IBX施設とインターネットエクスチェンジポイントは、ネットワークエクスチェンジサービスの需要を満たす広範囲にわたるエコシステムを提供し、国際ビジネスに着目しています。

LD4 - ロンドンIBXデータセンター

スラウ商業団地(Slough Trading Estate)に所在するロンドンLD4データセンターとインターネットエクスチェンジポイントは、ネットワークエクスチェンジサービスの需要を満たす広範囲にわたるエコシステムを提供し、国際ビジネスに着目しています。

LD3 - ロンドンIBXデータセンター

ロンドンLD3データセンターとインターネットエクスチェンジポイントは、ネットワークエクスチェンジサービスの需要を満たす広範囲にわたるエコシステムを提供し、国際ビジネス着目しています。

LD2 - ロンドンIBXデータセンター

ロンドンLD2データセンターとインターネットエクスチェンジポイントは、ネットワークエクスチェンジサービスの需要を満たす広範囲にわたるエコシステムを提供し、国際ビジネスに着目しています。

LD1 - ロンドンIBXデータセンター

ロンドンLD1データセンターとインターネットエクスチェンジポイントは、ネットワークエクスチェンジサービスの需要を満たす広範囲にわたるエコシステムを提供し、国際ビジネスに着目しています。

SY4 - シドニーIBXデータセンター

シドニー中心業務地区近くに立地し、サザンクロスケーブルヘッドにアクセスできるEquinixスシドニーSY4コロケーションサービスは、オーストラリアおよびアジア・パシフィック地域における広範にわたるネットワークインターコネクションを提供しています。

SY3 - シドニーIBXデータセンター

シドニー中心業務地区近くに立地し、サザンクロスケーブルヘッドにアクセスできるEquinixスシドニーSY3コロケーションサービスは、オーストラリアおよびアジア・パシフィック地域における広範にわたるネットワークインターコネクションを提供しています。

SY2 - シドニーIBXデータセンター

シドニー中心業務地区近くに立地し、サザンクロスケーブルヘッドにアクセスできるEquinixスシドニーSY2コロケーションサービスは、オーストラリアおよびアジア・パシフィック地域における広範にわたるネットワークインターコネクションを提供しています。

SY1 - シドニーIBXデータセンター

中心業務地区近くに立地し、サザンクロスケーブルヘッドにアクセスできるシドニーSY1コロケーションサービスは、オーストラリアおよびアジア・パシフィック地域における広範にわたるネットワークインターコネクションを提供しています。

Oracle Cloud Partner Locations


Oracle Cloudについて続きを読む

いかにデータ転送コストを大幅に削減し、シームレスなハイブリッドクラウドソリューションを構築できるかをご理解頂けます。


Oracle Cloud

Have a customer referral for Equinix? Register with our sales team today ›

 

関連リソース

データシート

Oracle Cloud ソリューション概要

Oracle Coudにより、世界中の6つのエクイニクスIBXデータセンターでご利用になれるOracle Fast Connectを利用して、セキュアなネットワーク接続を介して、Oracleのアプリケーションをクラウドに拡張することができます。

インフォペーパー

Oracle Cloud のF​​AQ

Twitter

この内容をシェアする

Facebook LinkedIn Google+ Twitter 追加する

お問い合わせ:

お問い合わせ

電話でのお問い合せは
営業:+81.3.6402.6970
サポート:+81.3.4520.8118

+81.3.6402.6970
お問い合わせ