SG3シンガポールIBX®データセンター

シンガポールのSG3は、アジア・パシフィックにおけるエクイニクス最大のInternational Business Exchange™(IBX®)データーセンターです。この7階建ての専用ビルは、洪水および地震のない地帯に建てられ、ダークファイバーでSG1に接続されており、シンガポールワンノースキャンパスを形成しています。これにより、お客様はSG1に配備されている190を超えるネットワークへの直接アクセスができます。SG2データセンターへのメトロ接続は、お客様のITをバックアップするだけでなく、お客様のIT設計を導入前に実際の環境で試験できるSolution Validation Center(ソリューション検証センター)もご利用いただけます。SG1およびSG2と同様、SG3は高い省エネ基準で運営される設計となっています。太陽エネルギーがSG3の非重要設備へ電力を提供しており、ホットアイル・コールドアイルの設計がITの冷却効率を高めています。SG3は、BCA-IDAプラチナグリーンマーク賞を受けています。


技術仕様をご覧ください

SG3 - シンガポールIBXデータセンター

シンガポールSG3コロケーションおよびデータセンターは、アジア・パシフィック地域のネットワークオペレーションセンター(NOC)の拠点となっており、世界で3つのGRXピアリングポイントの1つにアクセスできるIX(インターネットエクスチェンジ)です。

26A Ayer Rajah Crescent
Singapore 139963
800.852.3382 国内
+65.3158.5435 国際

エクイニクスシンガポールでホスティングを行う理由

成長機会

SG3は、35,000平方メートル(376,000平方フィート)以上のコロケーションスペースを提供しており、最終的には5,000台のキャビネット収容能力があります。また、高い電力密度の配備により、企業は限界を心配せずに拡張を計画することができます。

簡単なインターコネクション

エクイニクス内のクラウドおよびITサービスプロバイダーの豊富な選択肢により、企業は事業および提供製品・サービスの拡大に必要なパートナーや顧客へのアクセスができます。

優れたセキュリティ基準

SG3は、シンガポール金融管理庁(MAS)の厳格な安全・データセキュリティガイドラインを満たしています。業界をリードするセキュリティ設計によって、訪問者は当社の訓練されたスタッフが常時監視を行うお客様用ケージにたどり着くまで複数のセキュリティポイントを通過しなければなりません。

シンガポールのデータセンター 概要

技術仕様

電源冗長性
冷却冗長性
認証
  • SSAE16/ISAE3402 SOC-1 Type II
  • ISO 27001
  • PCI-DSS
設備
  • 休憩室
  • 貸し出しツール
  • シャワー
  • クラッシュカート
  • 作業キオスク
  • Wifi
  • 会議室

仕様書のダウンロード

Twitter

この内容をシェアする

Facebook LinkedIn Google+ Twitter 追加する

お問い合わせ:

電話でのお問い合せ

電話でのお問い合せは
+81.3.6402.6970
サポート:+81.3.4520.8118

+81.3.5657.1400
お問い合わせ