アムステルダム: インターネットの発展を促進

オランダ: ワールドワイドウェブの先駆的イノベーター


オランダは、ワールドワイドウェブの開発における先駆的なイノベーターでした。Nikhef(オランダ国立素粒子物理学研究所)は、1992年に最初のワールドワイドウェブサーバーの1つを立ち上げました。Nikhefは今日でもサイエンスパークアムステルダムに所在しており、エクイニクスAM3にダークファイバーで接続するとともに、世界でもっとも多忙なインターネットピアリングポイントの1つであるアムステルダムインターネットエクスチェンジ(AMS-IX)などの多くの重要なネットワークノードと接続しています。

最初の大西洋横断メール

1998年11月17日、サイエンスパークアムステルダムから大西洋をわたる最初の電子メールが発信されました。メッセージは、オランダの情報工学数学研究所(CWI)から今日のインターネットの先駆けであるアカデミックコンピュータネットワークのNSFnetに送信されました。これがほぼまちがいなく、ヨーロッパと米国間の最初のインターネット接続でした。


この前には、NSFnetの先駆者であるARPAnetへのリンクがありましたが、これは米国防省と密接につながっていたため、プライベートネットワークでした。NSFnetへの接続は、今日知られているオープンインターネットに向けた最初のステップの1つでした。






UTB_IMG_Locations_Amsterdam_Dutch-Innovation_220x164

デジタル ゲートウェイ

CWIがインターネットに接続されてからまもなく、オランダおよびその他のヨーロッパ各地の大学および研究機関が後に続きました。それほどときをおかずに民間企業がアクセスを開始しました。消費者は、1993年まで待たなければなりませんでした。


米国へのデジタルゲートウェイとして、CWIはもっとも重要なヨーロッパのインターネットエクスチェンジとなりました。1996年に、同研究所はエクスチェンジをアムステルダムインターネットエクスチェンジ(AMS-IX)、Nikhef、SARA(現在のSURFsara)に移管しました。今日、AMS-IXはヨーロッパと米国間のもっとも重要なインターネットエクスチェンジであり続けています。

Twitter

この内容をシェアする

Facebook LinkedIn Google+ Twitter 追加する

お問い合わせ:

お問い合わせ

電話でのお問い合せは
営業:+81.3.6402.6970
サポート:+81.3.4520.8118

+81.3.6402.6970
お問い合わせ