エッジへと変革するビジネス

デジタル経済においては、物理的な世界とバーチャル世界が交差するデジタルエッジで競争を戦わなくてはならない

いつでも、どこでも

クラウド、デジタルコラボレーション、モビリティ、モノのインターネット(IoT)が交錯する今日のデジタルエッジは、どこにでも、いつでも存在しなければならないことを示しています。

IDCは、今後5年間、デジタルエッジおよびデジタルマルチクラウドコアで変革を実現するより多くのデータ駆動型、アナリティクス指向の組織が、売上増、コスト削減、生産性向上などにより2兆ドルの利益を生み出すと予想しています。

IDC - データセンターおよび従来のエッジITとインターコネクションを再考する

問題は、すべての拠点でデジタルでのやり取りを適切にサポートできない、縦割り型のITへのアプローチによって企業に難題が突きつけられることから発生します。

パフォーマンスを継続しなければならない、セキュリティへの懸念、計画外のITコスト、売上の低下は、すべてITアーキテクチャがエッジでのビジネスのペースに追いついていないことを示す兆候です。

成功するためには、世界中の各拠点で、敏捷性のある動的なITアプローチが必要です。デジタルエッジにおいて、ほぼリアルタイムで、すべての人、拠点、クラウド、データをシームレス、効率的、セキュアに統合していく必要があります。

すべてを統合するインターコネクション(相互接続)

デジタルビジネスプラットフォームを戦略的なエッジロケーションで構築すれば、直接インターコネクションにより構築される次世代アーキテクチャは、すべてのデジタルタッチポイントを統合することができます。

インターコネクション指向のアプローチは、迅速な革新と今日の躍進による新しいエンゲージメントをサポートするものです。

インターコネクションがこれほど必要不可欠となっている理由をご覧ください  ›

Twitter

この内容をシェアする

Facebook LinkedIn Google+ Twitter 追加する

お問い合わせ:

電話でのお問い合せ

電話でのお問い合せは :
03.5657.1300
サポート: 0066.3384.0073

03.5657.1400
お問い合わせ