プレスリリースプレスリリース

Press Contacts
Equinix Investor Relations Contact
Katrina Rymill
Equinix, Inc.
(650) 598-6583
krymill@equinix.com
Equinix Investor Relations Contact
Samir Patodia
Equinix, Inc
+1 (650) 598-6587
spatodia@equinix.com
Equinix Media Contact
Sally Comollo
Equinix, Inc.
+1 (781) 366-5580
scomollo@equinix.com
Equinix Media Contact
Liam Rose (リアム・ローズ)
Equinix Inc.
+1 (650) 598-6590
lrose@equinix.com
Equinix Contact (Asia-Pacific)
Lorraine Little-Bigelow
Equinix Asia-Pacific
+852 2970 7742
llittlebigelow@ap.equinix.com
Equinix Asia-Pacific メディア窓口
Emma Jenkins (エマ・ジェンキンズ)/Annie Ho (アニー・ホー)
LEWIS Communications
+ (852) 3944 5000
lewishongkong@lewispr.com

2013年7月9日

エクイニクス、ケイ・オプティコム、関電エネルギー ソリューションと提携し、大阪で初めてとなるグローバル データセンターを開設

国内第2の市場である大阪にキャリアニュートラルの情報インフラを提供、グローバル企業のビジネス拡張をサポート

大阪-2013年7月9日- グローバルのインターコネクションおよびデータセンターサービスを展開するEquinix, Inc. (Nasdaq: EQIX、日本法人代表取締役 古田敬、以下エクイニクス)は、本日、株式会社ケイ・オプティコム(所在地:大阪市北区、代表取締役社長:藤野 隆雄、以下ケイ・オプティコム)および株式会社関電エネルギーソリューション(本社:大阪市北区、代表取締役社長:白井 良平、以下Kenes)と協同で、西日本で初めてとなるInternational Business Exchange™(IBX®)データセンター(OS1)を2013年内に大阪市に開設することを発表しました。エクイニクスは大阪府、大阪市、大阪商工会議所が設立・運営する大阪外国企業誘致センター(Osaka Business & Investment Center、略称=O-BIC)の支援のもと、大阪にグローバルビジネスを支える新たな情報インフラを開設し、国内および海外の企業のビジネス拡張をサポートします。ケイ・オプティコムは関西一円に敷設された豊富な光ファイバーケーブルを活用し、OS1の顧客に付加価値の高い通信サービスを提供します。また、Kenesは関西電力グループの一員として電力事業で培った技術力やノウハウを活かしたユーティリティサービスによって、OS1の構築と運用をバックアップします。OS1は、2013年1月にアナウンスしたエクイニクスの東京第4 IBXデータセンターに続く新規開設で、国内の強いデータセンター需要に応えます。大阪データセンターの開設時(フェーズ1)の投資額は、約12億円となります。

発表のハイライト

  • 大阪の新IBXデータセンターOS1は、コロケーションスペース約3,000平方メートル、800超ラック相当の収容設備数(開設時320ラック相当)を備え、2013年内に開設します。最新の免震構造を採用したOS1は災害時のリスクの少ない大阪市中心部に位置し、事業継続計画の観点からも最適なロケーションとなっています。
  • 大阪は東京に続いて国内第2の経済圏であり、2008年~2012年までの年平均でインターネットトラフィックは68%、通信帯域は56%増加しています*1。900を超える国際・国内の通信事業者が集積するエクイニクスのIBXデータセンターの1つとして、OS1は大阪の国際化を推進します。また大阪のネットワーク中心地である堂島とも光ファイバーで直接接続し、グローバルネットワークハブとして大阪の国際通信基盤を強化します。
  • OS1は、世界19カ所で展開され様々な通信サービス事業者のネットワーク同士が相互接続してトラフィック交換できるインターネットエクスチェンジサービス(Equinix Internet Exchange)を提供します。OS1のお客様は、エクイニクスのエコシステムにおいてインターネット通信を効率化しコストの低減を図れます。
  • ž世界最大のグローバル・データセンター・プラットフォームであるPlatform Equinix™により、お客様は大阪を含む新しい市場に迅速にビジネスを拡張できます。またOS1のお客様はEquinix Marketplace を通じ、グローバル4,000社を超える企業の中から、ビジネス拡張に必要な潜在的なビジネスパートナーや顧客とつながることができます。さらに日本語と英語によるバイリンガルサポートにより、OS1は大阪に進出する国際企業や海外展開を進める関西圏の多国籍企業のグローバル化を促進します。
  • ケイ・オプティコムはエクイニクスのパートナーとして、異ルート構成による高い信頼性を実現したOS1専用の回線サービス(インターネット、VPN)を提供し、さらにルータ、サーバ等の構築から運用保守までを提供します。これまでの約30年の企業向け通信サービス事業の経験と実績を活かし、大阪に進出するグローバル企業様向けに、関西圏ならびに日本全国のネットワーク構築をサポートしていきます。
  • Kenesはエクイニクスが世界で展開するデータセンターの設計・メンテナンススキームと自社の豊富な技術・知見・経験を融合させ、ユーティリティサービスの提供を通じて、大阪におけるグローバルデータセンターの構築と運用をバックアップします。

コメント

  • エクイニクス・ジャパン代表取締 古田 敬のコメント
    「多くのグローバル企業にとって、大阪は東京に並んで国内の重要な戦略市場です。実際、当社のお客様である多くのグローバル企業が大阪でのIBXデータセンターの開設を望んでいます。今回、ケイ・オプティコム様、関電エネルギーソリューション様、O-BIC様のご支援により、その要望にお応えできるようになりました。当社のデータセンターは、デジタルエコノミーの基盤としてお客様同士が相互に接続してビジネスの成長を促すインターコネクションプラットフォームとして、世界で4,000社以上の企業が利用しています。OS1を通じて、大阪経済のさらなる活性化および国際化を促進する一助になれることを光栄に思います」
  • ケイ・オプティコム 代表取締役副社長 山崎 幸郎のコメント
    「ケイ・オプティコムは通信サービス事業者として、関西圏および全国の法人顧客に通信サービスを提供しております公共機関、金融機関など厳しい運用基準が求められる企業様からも高い評価をいただいております。このたびエクイニクス様とのパートナーシップを通じて、OS1を利用する同社のグローバル企業の皆様に、当社の高信頼で付加価値の高い通信サービスを提供し、大阪進出をサポートできると確信しています」
  • 関電エネルギーソリューション 代表取締役副社長 水野 孝則のコメント
    「Kenesは、電力事業で培った技術力・ノウハウとともに、関電グループの総合力を活かしたユーティリティサービスにより、お客様の省エネ・省コスト・省CO2の実現をサポートいたします。グローバルで高い実績を備えたエクイニクス様の大阪新データセンターに当社のユーティリティサービスを採用いただくことで、OS1を利用するお客様に確かな信頼性を備えたデータセンターを提供することに貢献できると信じています」
  • 大阪商工会議所国際部長/大阪外国企業誘致センター(O-BIC) 事務局長 丸山 新二氏コメント
    「大阪府、大阪市、大阪商工会議所はO-BICを通じて外国企業を誘致し、 大阪の活性化を推進してまいりました。 このたび情報インフラ業界をリードするエクイニクス様が大阪市内にデータセンターを開設することを歓迎いたします。ネットワーク接続性が高く、グローバル拠点の1つとして、OS1は大阪進出を図る外国企業にとっての最適なIT基盤になるでしょう。このたび官民一体の取り組みによってOS1が開設され、大阪の社会・公共インフラの強化につながることをうれしく思います」

エクイニクスについて

Equinix, Inc. (Nasdaq: EQIX)は、世界でもっともネットワーク密度の高いデータセンターにおいて、4,000社以上の顧客企業同士、ならびにパートナー企業との間を、直接インターコネクションを行う環境を提供しています。現在、アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋における31の戦略的市場において、世界のさまざまな企業にEquinixのインターコネクションプラットフォームを活用していただいています。www.equinix.co.jpを参照ください。


1 Source: TeleGeography – Global Internet Geography Asia Report

Forward Looking Statements

This press release contains forward-looking statements that involve risks and uncertainties. Actual results may differ materially from expectations discussed in such forward-looking statements. Factors that might cause such differences include, but are not limited to, the challenges of acquiring, operating and constructing IBX centers and developing, deploying and delivering Equinix services; unanticipated costs or difficulties relating to the integration of companies we have acquired or will acquire into Equinix; a failure to receive significant revenue from customers in recently built out or acquired data centers; failure to complete any financing arrangements contemplated from time to time; competition from existing and new competitors; the ability to generate sufficient cash flow or otherwise obtain funds to repay new or outstanding indebtedness; the loss or decline in business from our key customers; and other risks described from time to time in Equinix’s filings with the Securities and Exchange Commission. In particular, see Equinix’s recent quarterly and annual reports filed with the Securities and Exchange Commission, copies of which are available upon request from Equinix. Equinix does not assume any obligation to update the forward-looking information contained in this press release.

Equinix and IBX are registered trademarks of Equinix, Inc.
International Business Exchange is a trademark of Equinix, Inc.