プレスリリースプレスリリース

Press Contacts
Equinix Media Contact
Liam Rose (リアム・ローズ)
Equinix Inc.
+1 (650) 598-6590
lrose@equinix.com

2014 年 11 月 7 日

エクイニクス、約43億円を投資して東京に五番目のデータセンターを建設

 

金融、クラウド、コンテンツ事業者からのコロケーションと相互接続に対する高い需要に対応

カリフォルニア州レッドウッド・シティおよび東京 − 2014年11月6日−インターコネクションおよびデータセンターサービスをグローバルに展開するEquinix, Inc.(Nasdaq: EQIX、日本法人代表取締役 兼 北アジア統轄 古田敬、以下エクイニクス)は、本日、4,300万USドル(約43億円)を投資して、東京に新たなデータセンター(TY5)を建設する事を発表します。これは、金融関連企業、クラウドおよびコンテンツプロバイダーからの都内データセンターとエクイニクスの相互接続サービスへの高い需要に応えるものです。

発表のハイライト

  • クラウドコンピューティングの普及、モバイルデバイスの変革、それらに伴うネットワークトラフィックの増加などを背景に、日本国内におけるデータセンター需要は年々着実に成長を続けています。Forrester リサーチ社によると、国内データセンター市場は、2016年には142億US ドルになると予測されています[1] .東京エリアにおけるエクイニクスのInternational Business Exchange™ (IBX®)データセンターの拡張は、国内企業や多国籍企業の成長し続ける日本市場への展開と、Platform Equinix™を通じて、ソフトバンク、NTT、KDDIなどの国内通信事業者や、PCCWグローバル、BT、AT&Tなどのグローバル通信事業者を含む1000を超えるネットワークプロバイダーとの接続ニーズに対応するものです。
  • TY5は、総床面積5,078.36 平方メートル(54,663 平方フィート)の当社専有のデータセンター専用ビルで、24時間365日の有人対応と映像監視システムのよる高度なセキュリティを備え、常駐エンジニアによるオペレーション体制を取ります。オープン時には350ラック規模のコロケーションスペースを提供し、第二フェーズには375ラックを加え、725ラック規模となります。運用開始は2016年の第一四半期(1-3月)を予定しており、運用効率を考えTY3の近隣に建設されます。
  • TY5 は、東京の金融系企業の集積する地区の近くに位置し、3,400社を超える企業が上場し、時価総額4.47兆USドル (約447兆円)の規模を誇る東京証券取引所と東京商品取引所に隣接しています。[2].このような恵まれた立地条件により、TY5は主要な金融機関やビジネスパートナーに対して、取引スピードを高め、ビジネスを加速させる為の、信頼性が高く低遅延での接続を提供します。
  • FXCMを含む60社を超える金融サービス事業者が既にエクイニクスの東京のデータセンターを活用しており、エクイニクス内の金融エコシステム上で既存もしくは潜在顧客やパートナーと接続しています。TY5は既存のTY3とダークファイバーで直接接続され、TY5を新たにご利用になられるお客様もTY3内に形成されている金融エコシステムやその他のお客様とシームレスに接続することが可能です。

コメント

  • 東武鉄道株式会社 生活サービス創造本部 ビル事業部長 小檜山 隆様のコメント:
    「東武鉄道は、デベロッパーとして、首都圏を中心とした沿線内外で住宅および商業施設等の開発事業を長年行ってまいりました。この度、エクイニクスの都内5番目のデータセンターの建築に携わる事は、今後の当社開発事業の新たなフィールドでの経験に繋がるだけでなく、東武鉄道沿線地区のビジネス発展にも貢献できるものと確信しております。」
  • エクイニクス・ジャパン株式会社 古田 敬のコメント:
    「TY5 は、デジタルエコノミーを取り巻くクラウド、モバイルそして金融サービスからの様々な要望にお応えして計画されています。東京は世界の主要な投資銀行やトレーディング・プラットフォーム、保険会社などが集まる世界的にも重要な国際金融拠点です。弊社のミッションのひとつは、これらの金融企業の皆様がビジネスを拡大する上で必要不可欠となる相互接続サービスのニーズにお応えすることにあります。その一環として、弊社の日本における最新IBXデータセンターであるTY5は、TY3で既に形成されている金融エコシステムへの直接のアクセスを保証する ものです。また、クラウド、コンテンツ、ネットワーク事業者等の皆様も、TY5を活用することで、エンドユーザからの国内外での需要に早急に応える事が可 能になります。」
関連リンク

エクイニクスについて

Equinix, Inc. (Nasdaq: EQIX) は、世界で最もネットワーク密度の高いデータセンターにおいて、4,500社以上の顧客企業、ならびにパートナー企業との間で、相互接続できる環境を提供しております。現在、アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋における32の戦略的都市において、世界の様々な企業にEquinixのインターコネクションプラットフォームを活用していただいています。また日本国内には東京都内の 4 カ所の IBX データセンターの他、2013 年 12 月には大阪に初めての OS1 データ センターを開設しました。詳細は、http://www.equinix.co.jp をご覧ください。

Forward Looking Statements

This press release contains forward-looking statements that involve risks and uncertainties. Actual results may differ materially from expectations discussed in such forward-looking statements. Factors that might cause such differences include, but are not limited to, the challenges of acquiring, operating and constructing IBX centers and developing, deploying and delivering Equinix services; unanticipated costs or difficulties relating to the integration of companies we have acquired or will acquire into Equinix; a failure to receive significant revenue from customers in recently built out or acquired data centers; failure to complete any financing arrangements contemplated from time to time; competition from existing and new competitors; the ability to generate sufficient cash flow or otherwise obtain funds to repay new or outstanding indebtedness; the loss or decline in business from our key customers; and other risks described from time to time in Equinix's filings with the Securities and Exchange Commission. In particular, see Equinix's recent quarterly and annual reports filed with the Securities and Exchange Commission, copies of which are available upon request from Equinix. Equinix does not assume any obligation to update the forward-looking information contained in this press release.