プレスリリースプレスリリース

Press Contacts
Equinix Media Contact
Sally Comollo
Equinix, Inc.
+1 (781) 366-5580
scomollo@equinix.com
Equinix Media Contact
Liam Rose (リアム・ローズ)
Equinix Inc.
+1 (650) 598-6590
lrose@equinix.com
Equinix Contact (Asia-Pacific)
Lorraine Little-Bigelow
Equinix Asia-Pacific
+852 2970 7742
llittlebigelow@ap.equinix.com
Equinix Media Contact (Asia-Pacific)
Kendrick Leung
Equinix Asia-Pacific
+ (852) 2970 7711
kleung@ap.equinix.com

2013 年 8 月 7 日

エクイニクス、東京で4番目となるデータセンターを開設

大手町におけるグローバルデータセンターと相互接続サービスへの高い需要に対応

カリフォルニア州レッドウッド・シティおよび東京 - 2013年8 月8日インターコネクションおよびデータセンターサービスをグローバルに展開するEquinix, Inc.(同社日本法人:東京都港区、代表取締役:古田敬、以下エクイニクス)は、本日、国内で4番目となるInternational Business Exchange™ (IBX®) データセンター「TY4」を東京・大手町に開設したことを発表しました。最新の東京IBXデータセンターであるTY4を通じて、エクイニクスはビジネス成長を続けるお客様に大手町で新たなサービス基盤を提供するとともに、国内最大のネットワークハブとして東京の情報通信基盤をさらに強化していきます。

発表のハイライト

  • 日本の企業は、顧客の高まる需要に対応するために、新たなデータセンターサービスを必要としています。富士キメラ総研によると、国内のデータセンターコロケーション市場は、2017[1]年に6,080億円の規模に達する見込みです。東京でIBXデータセンターの拠点を拡張することで、エクイニクスはサービスの提供範囲を広げ、グローバル企業の国内市場への進出を可能にします。
  • エクイニクスは、TY4に約35億円を投資し、収容施設数で750ラック相当を提供します(開設時は450ラック相当で、順次拡張予定)。TY4は都内でも最も災害時の危険度が低いとされるエリアに位置し、複合的な安全対策が講じられた耐震性能の高い建物に設置されます。TY4と、都内にある既存の3カ所のIBXデータセンターとは自社専用の高信頼、超高速の通信回線で相互接続されます(メトロコネクト)。これにより、TY4を利用するお客様はエクイニクスのプラットフォーム内で容易にビジネスを拡大できます。
  • 大手町は4,000社を超える国内外の主要企業や金融機関が集まるビジネスの中枢であり、国際的な金融拠点です。お客様は、TY4を利用することで自社ITインフラを拡大し、さらにデータセンター構内およびデータセンター間で既存・潜在顧客やビジネスパートナーと相互接続することで、ビジネスの成長を促進するエクイニクスのエコシステムに接続できます。国内の主要な金融取引所に近接するTY4は、金融取引事業者に対して高信頼、低遅延の通信接続環境を提供します。これにより、複数の情報源にタイムリーにアクセスし、ビジネス上の重要な決定に不可欠な情報を収集することが可能になります。
  • ABN Amro ClearingBoxなどの企業は、顧客のニーズに応えるために国内のIBXデータセンターへネットワークを拡張しています。またPlatform Equinix™と活発なエコシステムを活用し、サービス品質とパフォーマンスを確実なものにしています。
  • エクイニクスは、インターネットエクスチェンジサービスであるEquinix Internet Exchange(EIE)に加え、国際、国内の通信事業者が集積するネットワーク環境をお客様に提供することで、日本の主要なネットワークハブとして大手町の機能を強化します。EIEは、世界で最も広く普及しているピアリング[2]とトラフィック交換の接続ポイントです。インターネットサービスプロバイダ(ISP)とコンテンツプロバイダーは必要なネットワークホップを減らすことで、IPトランジットのコスト削減やネットワーク効率の向上を図り、顧客のユーザーエクスペリエンスを改善できます。 EIEはTY4でも利用可能で、お客様は新たなピアリング接続を確立するだけでなく、既存のピアリング接続を拡大することもできます。
  • TY4は、アジア・パシフィック地域におけるデータセンターサービスへの高まる需要に対応するためにエクイニクスが取り組む拡張計画の一環として開設されます。拡張計画には、最近発表されたシンガポールで3番目となるIBXデータセンター(SG3)、大阪で初めてのIBXデータセンター(OS1)の新設も含まれます。さらに、2013年5月にPTデータセンターインフラストラクチャー・インドネシア(PT DCI)とのパートナーシップによるインドネシアのCibitung へ事業拡大、SG2データセンターの第5フェーズの立ち上げ、上海のIBX第5 IBXデータセンターにおける第2フェーズの完成も発表されています。

コメント

  • ABN AMRO Clearing東京 最高経営責任者Sean Lawrence氏のコメント:
    「エクイニクスは、アジア・パシフィック地域を広範囲に網羅し、グローバルなプラットフォームを通じて最高のサービスを一貫して提供することに高い実績を有しています。当社にとって、エクイニクスは完璧な選択でした。当社と当社のお客様の高まる要求に応えるために、エクイニクスが大手町にデータセンターを開設し、その収容力を拡張することに大きな期待を寄せています。日本は、複数のケーブルシステムが複数の地域に接続されている、アジアと北米の間の接続ポイントです。70以上の通信事業者やネットワークサービスプロバイダーとの接続、ケーブルシステムへの直接アクセスを可能にするエクイニクスのサービスは、日本ではほかにありません。これは、日本国内だけではなく北米、アジア、オーストラリアといった複数の取引所で取引するうえで自然な選択となります」
  • エクイニクス日本法人代表取締役古田 敬のコメント
    「東京における4番目のIBXデータセンターの開設は、相互接続、十分なスペースと電力容量といった顧客からの高い需要に対応するものです。当社の既存のIBXデータセンターは世界トップクラスの金融取引事業者、ネットワークプロバイダー、クラウドサービス企業によってご利用いただいています。こうしたお客様は、Platform Equinix内で確立されたエコシステムに接続し、ビジネスの成長にエクイニクスを活用しています。また7月には、大阪で初めてとなるIBXデータセンターを2013年第4四半期に開設するという発表をしました。TY4の運用開始により市場のプレゼンスを拡大したことは、東京と大阪という国内の2大市場を網羅するという戦略を強化するものです。東京のお客様は、東京だけでなく大阪のIBXデータセンターへのアクセスも可能になることで、ビジネス機会の拡大が期待できます」
    • 関連リンク

      エクイニクスについて

      Equinix, Inc. (Nasdaq: EQIX)は、世界でもっともネットワーク密度の高いデータセンターにおいて、4,000社以上の顧客企業同士、ならびにパートナー企業との間を、直接インターコネクションを行う環境を提供しています。現在、アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋における31の戦略的市場において、世界のさまざまな企業にEquinixのインターコネクションプラットフォームを活用していただいています。www.equinix.co.jpを参照ください。

      Forward Looking Statements

      This press release contains forward-looking statements that involve risks and uncertainties. Actual results may differ materially from expectations discussed in such forward-looking statements. Factors that might cause such differences include, but are not limited to, the challenges of acquiring, operating and constructing IBX centers and developing, deploying and delivering Equinix services; unanticipated costs or difficulties relating to the integration of companies we have acquired or will acquire into Equinix; a failure to receive significant revenue from customers in recently built out or acquired data centers; failure to complete any financing arrangements contemplated from time to time; competition from existing and new competitors; the ability to generate sufficient cash flow or otherwise obtain funds to repay new or outstanding indebtedness; the loss or decline in business from our key customers; and other risks described from time to time in Equinix’s filings with the Securities and Exchange Commission. In particular, see Equinix’s recent quarterly and annual reports filed with the Securities and Exchange Commission, copies of which are available upon request from Equinix. Equinix does not assume any obligation to update the forward-looking information contained in this press release.

      Equinix and IBX are registered trademarks of Equinix, Inc.
      International Business Exchange is a trademark of Equinix, Inc.